フガドコ

広島見るもの歩くとこ

広島市の中央公園に新しいサッカースタジアムを設計・建設する事業者がが事実上決まりました。

広島市は設計施工一括方式で事業者を募集していた中央公園広場への「サッカースタジアム等整備事業」について事業者選定審議会からの答申を受け、大成建設、フジタ、広成建設、東畑建築事務所、環境デザイン研究所、復建調査設計、あい設計、シーケィ・テックからなる共同事業体を優先交渉することを決定しました。
img_library_03

大成JVは大成建設が新国立競技場、東畑建築事務所は京都スタジアム、環境デザイン研究所が新広島市民球場とスタジアム設計の経験のある企業とフジタ、広成建設、復建調査設計という広島をよく知る企業からなり地ます。


大成JVが提案した案は「みんがつながるスタジアム」をテーマとしていて、その最大の特徴はスタジアムの四隅が大きく開いていることです。
開放的なデザインは試合のある日はスタジアムからまち全体がへ熱気と高揚感を伝え、風通しがよく天然芝の育成にも効果を発揮します。
スタジアムと広場との間に神楽やアーバンスポーツの会場としても使える螺旋状のスパイラル広場やミュージアムなどの多機能施設を設け試合のない日の集客に努めるほか、スタジアム2階には南北2本の自由通路を設けて広場とスタジアム更には基町護岸とをつなぎ、試合のない日でも市民が自由に行き来できるようします。
img_library_01

ただし今回のスタジアムは案はあくまでも提案であり、今後広島市との交渉次第でプレゼンで公開されたデザインとは大きく異なる可能性があります。
事業費参考価格として257億400万円(税込み)が見込まれていて、市は県と50億づつの負担を見込んでいますが県との費用負担に関する具体手的な交渉はこれからですので大きく減額となる可能性もあります。
また事業者選定審議会はスタジアムは大規模な施設であるために周辺への景観的な影響が大きいことから、今後の設計・施工にあたり以下の点の配慮を求めています。

1 戦後の広島を形造ってきた都市景観の歴史を踏まえ、周辺環境と調和し県民・市民に親  しまれる外観デザイン、特に屋根形状などの更なる検討
2 広場エリアについては、既存の広場が持つおおらかな開放感の継承と、スタジアムエリ  アとの一体感生み出すデザインの工夫
この意見を受け入れるならば城南通り側の屋根形状やスタジアムと広場との間を結ぶ螺旋状スロープなどは縮小される可能性があります。
img_library_02

広島市は2021年4月より価格交渉に入り5月には仮契約を結び、6月議会の承認を経て本契約を締結の予定です。

全体の事業期間は2024年7月末までででサッカースタジアムとペデストリアンデッキは3月末までです。しかし大成JVの提案に寄ると契約締結後。2021年末までに基本・実地設計を終え、2022年1月に着工。2024年Jリーグ開幕までの約25か月間での工事完了を目指すとのことです。



広島市は現地での建て替えを計画していた北庁舎別館について隣接する北庁舎と一体での周辺への移転の可能性を検討を始めました。

市役所本庁舎の北側に位置する別館は貯金局跡地の市有地に1961年に被ばく者向けの健康管理施設である広島原爆被爆者福祉センター(原爆センター)として建設され1967年に増築を行いました。センターが千田町の広大工学部跡に移転した後は市の外郭団体や教育員会の一部が入居しています。バブル末期には、基町の青少年センターや音楽ホールを抱えた本庁舎に匹敵する高層ビルを建てるというツインタワー構想があったように聞きますがそれもバブル崩壊と市の財政悪化で消え去りました。

別館は老朽化が著しい上に増築部と手狭で段差もあり使い勝手が悪く、市では中国電力南側の袋町学区会館との集約を含めて現在地での建て替えを1年間検討してきましたが別館単体での建て替えでは市が想定している民間資本の活用は困難という事で隣接する北庁舎を含めての移転検討を行う事となりました。北庁舎は築40年で耐震改修済みな為、取り壊しはせず別館跡地と合わせて移転後の活用を検討することとしています。

市は2021年度の当初予算案に経費算出・課題整理・候補地選定・移転後の跡地利用の検討に900万円を計上しています。

yosan

すでに本年度候補地を選出する業務を委託しておりすでに条件を満たす候補地を複数抽出しています。来年度末には基本方針を示す予定です。

業界紙の中建日報によれば市総務企画総務課は「本庁舎との連携を考えると、徒歩5分以内程度の範囲で検討したい」と言っています。

市は徒歩で5分程度の範囲内で検討するとありますが、この範囲内に存在する市の所有する北庁舎と別館のフロアを収容できるのは西側のみらい創生高等学校敷地に新築するか南側の職員会館と合築の男女共同参画推進センター(ゆいポート)ぐらいしか見当たりません。新築は考えにくいですしゆいポートも体育館など職員向け施設を転用しないと難しいです。民間のオフィスビルで考えるにしても既存の入居者の問題があります。可能性があるとすれば国泰寺高校南のNTTビルかJA広島ぐらいでしょうか?
map3

この中ではJA大手町支店の入るJAビルは本店機能は安佐南区中筋に移転しますし、9・10階は貸会場として運用してますので転用が他よりも容易かもしれません。
課題は幾つか思い浮かびますが、それでも北庁舎別館という長年広島市が抱えている都心の問題がひとつ動き出しそうです。

広島西部の玄関口であるJR西広島駅周辺の再開発が進んでいます。

西広島駅は広島市西部や廿日市岩国方面からのJR山陽本線と市内中心部へ向かう路面電車や路線バスとの乗り換えの重要な交通結節点であるにも関わらず、住宅地のある北部と商業地域の南部とが線路で分断されています。またに駅舎は古く上下線をまたぐ跨線橋には階段しかないうえに北口は住宅が迫りバスなどの大型車が駅に近づくことすら困難です。

これらの問題点を解決するための主に広島市とJR西日本が主体となり西広島駅周辺の再開発に取り組んでいます。

西広島の再開発事業は大きく分けて以下の5つに分けられます。

1)JR西広島駅の橋上駅舎化及び南北時通路の建設
2)西広島駅北口区画整理
3)同 南口再開発
4)広電会館跡地再開発
5)アストラムラインの延伸


このうち1)は老朽化した駅の建て替えと線路で分断されている住宅地の北部と商業地域の南部を結ぶの自由通路の建設を同時に行うものです。2)は北口周辺を区画整理し駅前ロータリーとアストラムラインの導入路である都市計画道路の設置と住宅地の一部を商業地域の用途変更、3)は民間主体の再開発ですが北口の一部の用途変更により建築条件が変わってくるのでそれを待つ足踏み状態であると聞いています。

1)は事業としては駅舎の橋上化がJR西日本、自由通路建設は都市計画道路となり広島市の分担になります。実際には広島市がJR西日本に工事を委託する事で一体化された事業となります。

新駅舎建設に先立って仮設駅舎建設と鉄道関連施設の移設を行い2020年後半から建設が本格化、年末ごろから駅舎の鉄骨が立つようになりました。

写真 2021-03-01 7 47 14
DSC_0699
写真 2021-03-18 7 53 29

現在は橋桁の鉄骨がすべて架かり床などの工事をしているようです。

JRによれば新駅舎は天井や壁の一部に木材を使い自由通路沿いには店舗が設置される予定です。
station2


暫定供用部分

当初の予定ではホームへの下りエスカレーターや南側へ伸びる通路などを除く主要部分の暫定供用開始を2021年春、全体の供用開始を2022年度末としていましたが、地盤条件などを含めた工期の精査により、暫定供用を2021年度末・全体供用を2022年度末に変更となりました。

1年後には部分的とはいえ新しい西広島駅を利用できるようになります。

広島市の令和3年度予算案に己斐公民館の建替えが計上されました。
スクリーンショット 2021-02-21 2.48.33

己斐公民館は西広島駅の北口からすぐの利便性の高い場所にありますが昭和53年建設で築40年が経過し老朽化が進んでいる上に、床面積が850平方メートルと市の基準の1,200平方メートルを大きく下回っています。
当然のことながら住民からは過去に何度かの建替えの要求がありましたが、市は公民館及び駐車場の敷地が己斐中央線の区域にかかることから市が先行取得した土地に同じく老朽化した消防団車庫との複合化となりました。


107435


己斐公民館はホール機能がなくその増築用地として隣接地を購入したものの結局増築はされず、その為に公民館としては広い駐車場がありました。この土地は区画整理の中で大きな割合を占めています。
区画整理では事業に必要な道路や公園などの公共用地を区域内の権利者から公平に出し合いますが、この減歩率を少しでも下げる為に移転先は市が先行取得した土地ということになったのだと思われます。おそらくは北口の現在工事事務所のある線路沿いの場所ではないかと思われます。

令和3年度基本設計、4〜6年度に工事ということで新しい公民館に機能を移した7年度以降に北口再開発が本格化するものと思われます。

広島県は周辺の県には古くからの温泉街が点在するにも関わらず良質な温泉が乏しいのですが、その理由は広島県一帯の地質は大部分が中生代に生成された花崗岩だからです。火山活動が収束してから時間が経って冷え切っているので地中の浅い場所に高温の熱脈がありません。よって高温の自噴泉がないのです。ただ、最近では沿岸部では高深度のボーリングで高温で豊かな泉質の温泉も誕生してます。それらの中には豊富な湯量で加熱なしの掛け流しの温泉もあります。
IMG_3530

さて、そんな中で2020年の8月にオープンのしたのが安芸太田町加計の月ヶ瀬温泉です。
旧町役場前の元旅館を地域の賑わいと福祉充実の拠点として日帰り温泉と飲食店、地元産品の販売コーナーとして公益社団法人青年海外協力協会(JOCA)と国と町が費用負担して整備し、運営はJOCAが行います。
IMG_3528

温泉は内湯も露天風呂もこじんまりとして数人ぐらいが適量の小さなものですが、入浴料も450円と銭湯に近い地元の人が積極的に通う気になる金額です。

温泉の泉質は単純アルカリということで広島に多いラドン系ではなく長門方面の温泉に多い成分な様です。浴場からサッシを開けると露天風呂に行けますが狭い上に囲われてるので見えるの空だけです。午後9時までやってますから星空見ながらのんびり入浴というのにはいいと思います。

運営が青年海外協力協会という事で併設の食堂ではヒマラヤで育ったブータン蕎麦が堪能出来ます。日本の蕎麦との違いはよく分かりませんでしたが太めの蕎麦と出汁の濃い麺つゆにはよくあっていたと思います。
 
IMG_3523

日帰り温泉にも関わらず一通りお酒が有るのはここが地域コミュニティの交流場所としての役割もあるからのでしょう。
IMG_3521

駐車場は旧可部線加計駅跡の月ヶ瀬公園の駐車場を利用します。旧役場側の道路にも入り口があるのですがこちらは地元の方メインで外からのお客用の玄関は公園側になる様です。

↑このページのトップヘ