フガドコ

広島見るもの歩くとこ

2008年01月

e934a9b7.jpg















安佐南の五日市ICから高速4号付近というのは食事をしようとすると割と不便な場所です。
店が無いわけではないのですが、駐車場が少なかったり、大通りから外れていたり、団地の中だったりとひょいと寄るのに難儀する所が多いのです。

そんな訳でこの辺で時間外れの昼食を取ろうとすると、苦労していたのですが、そんな場所に昨年末にオープンしたお店があります。

五日市IC出口すぐそばのパークフロントに出来たお店の名前は「麺鮮醤油房 周一」カウンターのみのこじんまりとしたお店です。

14時過ぎに入店したのですが、先客は無し。
松山にある周平というあちらでは有名なお店の2号店だということ。

メニューはラーメン・つけめんの2種類のみ。初めてですし、何も考えずに
「ラーメン大盛り・チャーシュー・煮卵」
で頼むと、卵はデフォルトで半分入ってるとのことなので外します。

オープンカウンタなので厨房の中を見ながら、中の機械が真新しいホシザキばかりなので幾らかかったのかなあとか、カウンターがブロック積んだ上に木の天板が載っているので厨房機械入れた後でカウンター拵えたのかなあとか下らん事を考えていたら先に更に盛られたチャーシューが出てきました。チャーシューじゃなくて黒豚のあぶり焼きですよ、これは。
で、厨房を見ていたら、砥部焼きのどんぶりがえらくでかいのです。顔がまんま入るのではないかと。
そうこうするうちにラーメンが出て来たのですが、えーなんと言いましょうか、肥後守1本でマグロを解体しろと言われたような心境になりました。

とりあえず、箸をつけたのですが、しょっぱなから醤油メインのスープに魚介の出汁が効いているのが分かります。いりことさば節が入っているのですが、さばの青魚の味が思いっきり自己主張してます。これってかなり好き嫌い分かれると思いますよ。私は瀬戸内の小魚を骨まで食べて育った典型的な無駄に骨が硬い広島人なので大好きな味です。あと、甘口なのでこれも好みが分かれるかも。

麺は細いストレートの麺です。これが加水が少ないのか、麺が非常に密なんです。つまり、非常に重い。しかも量が多い。この店の1人前が普通の店の1.5人前ぐらいあるんじゃないでしょうか。そうかーだから、メニューに「麺 半分」なんてのがあるんだなあ、納得。
食感が非常によく、歯切れもいいのでノンストップでいきましたがこれは重い。麺が汁を吸いにくいので最後らへんになっても膨れないのが唯一の救い。

食べ終えはしたものの腹が重くて重心が著しく下がった状態でお店をでました。

味は正直言って荒いけど、私の好み。今後が非常に楽しみ。次は是非つけめんを食したいです。辛いのが苦手でも大丈夫とありましたし。

ただ、広島の人間って食わず嫌いというか自分の既成概念に収まらないモノは全力で否定する人が多いのから受け入れられるまでが大変かもしれないです。

でも、量があって安いのですぐそばの大学の学生さんに贔屓にしてもらえれば大丈夫だとは思いますよ。

cf0ac94d.jpg































本日は私めは代休です。12月末に休みなしでこき使われ・・・いえいえ、よく働かせていただきましたのでその代わりです。
なんで、今日という日を選んだとかといえば、広島市立大学でカープ・ブラウン監督の講演会があるからなのです。

元々はスポーツ経営だか地域論のゼミがオーナーを招いて勉強会をひっそりやるつもりだったのが、オーナーが
”わしゃあ一人はやじゃ、マーティーもつれてく”
といったことから話が広がり、全学規模の講演会となったしまったのでした。
気前がいいんだか、引っ込み思案だかようわからんお人です。

この人がもうちょっと言う事言って、やる事やってりゃもうちょっとどうにかねえ。

まあ愚痴は置いておいて、そんな訳で一部の地域で広く宣伝された結果、市内よりも空気が薄いとかトンネル越えたら雪国だった等の数々の逸話を持つ広島のアンデス・市立大学での開催にも関わらず学生・報道・追っかけなど、ざっと100名ほどが集まりました。

オーナーは講演前に少人数の学生相手にゼミで話してますので講演は監督のみでした。講演の内容は基本的に「地域と球団のかかわり」がテーマで地域が誇りを持てる球団にしたい。それを選手やフロントにも求めている。というのが主な内容でした。その後、質問時間があり、学生からは就活のアドバイスから今期のカープまで幅広い質問がありました。
詳しい内容はどっかで出るでしょうから詳しくは書きません。というより、TVも含めりゃ10社近くきて、講演中でもさんざ、フラッシュ焚いたりしたんだから私が書くまでもないぞと。
ちなみにあっしのは席に座ってISO1600でノンフラッシュです。根が横着者ですから。

気になった点を書くと、マーティーが話していると時々「シャチョウ」という言葉が出てきます。これはオーナーを指しているのですがなんか、特殊な飲み屋にいるような錯覚を覚えます(いや、そんな記憶はないはずですけど・・・)
あと、通訳が下手。日本語を勉強をしなおせと言いたい。意味が全く通じなかったり、違う意味になってしまったりというのが多々ありました。シーズン中もこんな調子なら選手と意思疎通に大きな障害となります。

最後に抽選会がありそこで、監督のサイン色紙を頂いた上に握手までして頂きました。こいつは年初めから縁起がいいや。

↑このページのトップヘ