フガドコ

広島見るもの歩くとこ

2009年11月

新球場では初のファン感へ行ってきました。
昨年までは整理券の配布が始まって1週間ぐらいたった頃に球場管理事務所へ行くと束でくれていたのですがカープが移転した今年はそれは望めませんし、新球場元年の今年は早めになくなることが予想されたので新聞に出た日に新聞の配達所に連絡して希望枚数分の整理券を頂きました。後で聞いた話だとその配達所でも3日で全て無くなったそうです。

開場が9時の開演が10時30分ということで9時ちょうどに広島駅につくJRに乗ったのですが広島駅につくと既にこの状態。球場入口のスロープに向けて駅前から行列です。
P1000386_533


球場へ入った時点で9時30分。既に内野1階席は粗方埋っていたのですが、幸い3塁側に座ることが出来ました。コンコースのすぐ前の席が開いていたので隣の方に聞いてみたらその方は6時ごろから並んでいたとか。開場後にのこのこ来たおいらが座っていいのかと思ったのですが「座りんちゃい」という言葉に甘えて席を確保。去年は2階席からで放送もよく聞こえなかったのですが、それに比べるとまるで違います。

プログラムはトークショーからスタートなのですがはっきり言ってスタンドから顔は見えないので大型映像と音声で楽しみます。

トークショー内でのジェスチャークイズ。
23c13311.jpg

3の倍数でアホになる人を表現。これだけ全身で表現するとスタンドからでもよく見えます。さすがツボを心得ている。

1つ目の対決ゲームはボールリレー。ボール回しタイムを競いますがRCCじゃんスタチームは参加メンバーに難あり?9dcf11a5.jpg

肩が痛くて投げられない佐々岡氏も参加。

「萌える自衛隊」チームの皆様。
0c64ec5d.jpg

日頃の訓練の憂さを晴らすかの如く奮闘。

見学の子供の相手をするマエケン。
a32c11f1.jpg

この後、予想通り至近距離で思いっきり投げつけられすっ転んでいました。子供って残酷。

2つ目のゲームはノーバウンドで野手に捕らせる「バッティングコントロール対決」
7c366eca.jpg

さすがは石井。見事にキャッチャーフライを成功。

前田はそこそこ。
d573a0fc.jpg


最後はスペシャルゲストの吉田えりと対決するドリームゲーム。
868e9e1f.jpg


投球練習を覗きに塁審のマエケンが出張。
bdbc79fb.jpg


前田サマまで・・・
57b91922.jpg

「おー揺れとる、揺れとる」
野手陣も段々と集まる。
e7395880.jpg


前田を見事にキャッチャーフライに。
fb8e5972.jpg



ファン感名物といえばシーズン中とはうって変わって陽気な前田サマの1人トークショーなのですが今年は石井が参戦。先輩特権で放送席から選手にきつーい言葉の連発。バッティングコントロールで「フライ上げるんがうまいのは石原」抜けてヒットになれば「なんでシーズン中に出来んかのーう」と。マイクを先輩に渡すもんじゃありません。

今年のファン感は去年までの運動会のようにグランドを駆けずり回るファン参加のゲームが無くなりましたが、内野が天然芝の新球場では致し方ありません。ただ、もう少しスタンドから見えやすい演出を考えてくれたら有難いです。今回は外野からはほとんど何をしているか分からなかったのではないでしょうか。

去る11月17日に市民球場のライトスタンドの耐震検査がこっそりと入札公示されました。
これは当初6月頃に出る予定のものでしたが、いろいろあったんんでしょうこの時期の入札なりました。おそらくは検査期間を考えるとこれ以上遅らせることが出来ないというぎりぎりのタイミングなのでしょう。ちなみに開札は12月2日です。

この入札自体は議会を通過したものであり、なんら不思議ではないのですが中身を見ると不思議な箇所があります。

これが今回の検査範囲
保存


一方こちらは7月に入札のあった現況調査の図面。
de66427f.jpg



見ての通り耐震診断の範囲(=保存範囲)がスコアボード側に移動しています。

AFH内でも話があったのですが当初保存予定だったブルペン部は元々構造材が少ない上に外野スタンドでも特に劣化が進んでいるために保存は無理ではないかと思うのです。
ですので、事前の簡易的な検査か何かで保存は無理として範囲を移動したのではないかと思います。

しかしながら、保存範囲が移動しますと市の再開発プランは何らかの変更を余儀なくされます。今のところ市からは何の説明もありませんが、もしかすると次の12月議会では当面残すといっていたライトスタンドの内野寄り部分にいきなり劇場や商工会議所を建てる様な図面を出してくるかもしれません。

余談ですが7月のAFHのシンポで三宅市議は現況調査と耐震診断の入札が出たので担当課長に何で出すんだと言ったという発言がありましたかが、耐震診断は12月入札で7月に出たのは現況調査のみです。出ても無いものを何で出すんだと言われた担当課長は何と回答したのでしょうか?これも不思議な話です。

西区は国道2号線、通称宮島街道沿いに住む私にとって一番近い野球場は市民球場でも県営球場でもなく草津球場だってりします。dd11ba9b.jpg

正式には草津公園野球場といい、内野スタンドは一応コンクリながらも階段状のベンチがあり、スコアボードに外野は芝生と結構本格的な野球場です。

隣接して広場があり、一面だけとはいえテニスコートもあります。

すぐ隣に見えるのが西区スポーツセンター。
85ed1203.jpg

あちらもグランドがあり同じスポーツ施設ですから同じように管理しているものと思いきや所管も指定管理者も違うという見事な縦割り行政っぷりを見せてくれます。
管理しているのはスポーツセンターは市のスポーツ協会で草津球場は地元のメンテ会社。はっきり行ってかなり手入れ具合に差があります。草津公園は西部埋め立ての際の地元対策でつくられたものでありスポーツセンターとは経緯が違いますが似たような施設が隣り合っているのだから一体管理した方が何かと都合がいいと思うのですがどうなんでしょう?

実はこの球場は太田川放水路を挟んで総合グランドのすぐ近くだったりします。
f2e44ace.jpg

赤線で囲ったのは草津公園にスポーツセンター、それに隣接する排水用のポンプ場です。結構広いでしょ。将来的には南道路のすぐ横になります。

すぐ下に見えるのは西部水資源再生センター。下水処理場ですがここの屋上にもテニスコートがあります。その左に見える空き地はかって海島博の会場だった場所です。ここも大きな空き地が見えます。現在はグランドとして使われていますがこの場所は下水処理場の予定地であるので何かを建てるのは無理です。下水処理場というのは稼動しているもの止めるわけにはいかないので老朽化すると空き地に新しいのを建てて完成すると古いのを壊すというふうにするので常に空き地が必要になります。

草津公園をサカスタにするとこの場所が臨時駐車場になるんじゃないかとか考えるのも面白いです。

もう一ついらんことを書くと上の写真の総合グランド横の青い線に囲まれた場所。ここは南観音運動場・テニスコートというのですがここは市営なのです。ここを県に譲って総合グランドに編入すると総合グランドの建蔽率の問題も少しは緩和したりはしないでしょうか。

広島の冬の、というよりも師走の訪れを告げる「えべっさん」が昨日から始まりました。会社に戻る車中から店開きの準備をしている屋台が見えると、いてもたってもいられず、こんなこともあろうかと数日前からロッカーに入れて置いたカメラを持ってちゃっちゃと会社を後にしたのでありました。

現地に入ったのは20時過ぎで例年なら人混みで身動きが取れないくらいなのですが、今年はえらく楽に歩けます。b7250a3e.jpg


胡子神社の真ん前がこれですよ。
4e14987b.jpg



体感的には昨年より、2割くらい人が少ない感じです。不況の影響というよりはこの2、3日で急に寒くなった影響ではないかと思います。大体不況ならこまざらえの大きさが小さくなることはあっても神頼みまでキャンセルはしないでしょう。
5dd17c20.jpg


人が少ないから福娘さんの前もすいすいと。
6f0bbc46.jpg

お願いして目線までもらいました。


58727267.jpg



えべっさんといえば「いが餅」e36e56c5.jpg

漢字で書くと「稲花餅」
餅で餡を包み色の付いた米をのっけて蒸したものです。呉の祭りでよく売られているものですが私はえべっさんでこれを買うのを楽しみにしています。昔ながらの味ですが家に持って帰っても好評です。5個買って食べようと思ったら2個に減っていたくらいに・・・普段、甘いものには手を出さない父までが(泣)

こちらは清水建設さんが建築中の広島地方法務総合庁舎の新館73c99567.jpg

私もここでちょこっと仕事をしています。12階建ての新館は中身はともかく建物の完成は保証されています。新館完成後は旧館は取り壊しの予定です。

一方城南通りに面した鹿島建設が建設中の合同庁舎5号館は基礎工事の段階で完全に工事が止まっています。こちらは再開の目処がたっておらず、このまま工事中止となる可能性もあります。

この2つの建築工事の明暗を分けたのは1年の着工時期の差と予算の出所に原因があります。法務総合庁舎は法務省が単独で全額を出していますが、5号館は入居予定の各省庁が分担して出しています。これが国の出先は原則廃止としている民主党の大ナタのターゲットになったわけです。出先期間全廃といっても高検や地検を廃止には出来ませんからね。もっとも官庁の方も「倒壊の危険があるので建て替えまーす」といいながらせっせと1号館の耐震工事をしているのですから”無駄!”と切り捨てられても文句は言えないのです。

しかし、こういう場合は鹿島建設はいくらか工事代金をもらえるんですかね。

↑このページのトップヘ