フガドコ

広島見るもの歩くとこ

2011年05月

この前の土曜日の昼は閉店間際に駆け込んだ八丁堀の「伽哩 ザ カリー」でミックスかつを大盛りで。
どうも僕でルーが尽きたらしく以降のお客さんは入店を断ってましたんでホントにラッキー。

このお店はご飯の量が普通で350gで大盛りだと500gとかなり大目でしかもかつがミックスなのでかなりのボリュームになります。

10分ほどまって出てきたのがこちら。
da767894.jpg


一見ルーが多めに見えますが水面下にまでしっかりご飯があります。食べ方によってはルーが足らなくなるときもありますが、このお店はルーが足らなくなると足してくれるのが全く問題なし。

野菜や果物中心のルーははじめはほのかに甘いのですがあとから辛味が来るタイプ。

味量ともに実に満足ですがそろそろ大盛りはきついかも。

この春ズムスタ近くに新しいカープの1軍寮、大州寮がオープンしました。建設途中には一度覗いてみたのですが完成してからはまだ一度も見てないので自転車で出た際に寄ってみました。

場所は広島市に大州小学校のすぐ近く猿猴川です。

東側の道路から見た写真です。
DSC03761_364
玄関もありますしこちらが正面でしょう。電線でちょっと見にくいですが大きな白い鳩は日時計です。

玄関にきちんと「大州寮」とあります。
a08e24f2.jpg



川のほうから見るとこのような感じです。
P1020022_367
1階奥が食堂っぽいです。

日時計のアップです。
04577727.jpg

様々な言語の平和という単語がかかれています。

裏の公園側から見るとこうです。
ecc70034.jpg

報道だとこの寮は屋上で素振りが出来る以外には特に練習スペースがないそうなのでもしかするとこの公園で練習する選手が見られるかもしれません。

駐車場は2台分のスペースのみ。
e61288b0.jpg

自転車置き場には何台かクロスバイクやママチャリがあったので選手はズムスタへは自転車あるいはランニングで通っているのではないでしょうか。

川の反対側から見るとこんな感じです。
d80a843a.jpg

4階の大浴場からの眺めはいいでしょうね。
河岸では高潮対策の工事をしていますがそれが終われば落ち着くのではないでしょうか。

こんなところです。このあとちょっくら呉まで走ってきました。

今年のフラワーフェスティバル2日目に街中で陸上競技を実演するストリート陸上が行われました。

このイベントを企画したのは皆実高校出身の侍ハードラー為末大選手。陸上競技場の観客席とフィールドとは何mも離れている広島での開催は東京・大阪についで3番目となります。

今回の舞台となった特設コースは2回目の「御堂筋ストリート陸上」開催の際に浅原選手が所属する大阪ガスがつくったものをお借りしたそうです。eecbba0e.jpg


ちなみに第1回目の東京では関東にある屋内練習施設から持ってきたとのことです。

今回出場したのは世界陸上400mH銅メダリスト為末大選手、北京五輪リレー銅メダリストの朝原宣治選手、100mの菅野優太選手、福島県大熊町出身で400mHの秋本真吾選手それに地元広島の棒高跳び萩原翔選手、辻丸翔太選手の6選手です。

開始30分ほど前に現地入りし適当に場所を見つけます。

まずは荻原・辻丸両選手による棒高飛びが行われましたが今回のバー(練習用の引っかかっても落ちないタイプ)の高さは5mで信号機とほぼ同じ高さとのこと。
78494a5e.jpg

荻原選手は見事クリアしました。今までの自己記録更新よりも高く飛べたとか。観客効果でしょうか。
この移動式の高飛び台1式は新潟の個人の方が高飛びが好きで好きで作ってしまったという代物で全国を飛び回っているそうです。

続いてジュニア選手の予選があり最後にジュニアとトップ選手が一緒に走りました。

d957bdda.jpg


e8be8dc1.jpg


ステージ上の浅原選手から為末選手は走るときと飛ぶときにの頭の高さが変わらないという解説があったのですがまさにそのとおり。小柄な為末選手が跨ぐ様にハードルを越えてゆきます。

4855dd17.jpg



あっというまに終わりましたが競技者と観客の物理的精神的な距離を縮める大変素晴らしいイベントでした。選手とスタッフ関係者の皆様に感謝です。観客も主催者発表で8,000人と大成功だったのではないでしょうか。要改善点としては観客が十重二十重となり2列目以降は見にくい状態でしたがこれは次回以降は改善されるのではないでしょうか。幸いにも周辺にはパレード見物用のひな壇もありますしね。


続きを読む

普段は仕事が終わる時間と終電の時間との関係でなかなか機会が無いのですが昨日は久々に外飲みをしました。

新天地交番裏のトリダイニングルーツストーンが週に1回水曜日だけスペイン居酒屋「やどかりバル」になるのです。「やどかりバル」は以前は市役所の側の方でやっていたのですがあちらへはなかなか行けなかったのですが新天地なら会社から歩いていけますし帰りも広電を使えば問題はありません。

メニューは生ハムがメインの肉類にオリーブ漬けなどのつまみにビールにワインとなんでも500円。頼んで物が来るとその場で精算する明朗会計なシステム。

ここで飲んだスペインビールが濃くてホントに旨かった。ワインもいいとは聞いていたのだけどどんどん追加をして結局最後までビールでした。

知り合いの記者さんと飲み始めて途中からKOP師匠も参戦。店内でハムをつつきながら熱くあんなことやこんなことを語りました。

生ハムとワインの輸入業者さんが開いているんでオペレーションはぎこちないところもありますがそんなことは全然気にならず実に楽しい時間でした。
ここは是非また行こう。

1720821074_222

今日は代休で市内をぶらぶら。
あっちへ行ったりこっちへ行ったり目的の無い徘徊。
こういうことが出来るのが都心ならではです。

昼は紙屋町の喫茶店「BOKU」。1720812234_75

ビルの2階にあって気をつけていないと通り過ぎてしまいそうな穴場な店です。
入るとすぐに大きな木のカウンターがあってバーみたいな印象ですが
残念ながら夕方にはしまってしまいます。

今日はきのこカレーを大盛りで。800円。
あとから汗がでてくるうまいカレー。
87db4973.jpg


年期の入った渋い店内に下を行き交う人を眺めることの出来るこ窓辺、ジャズが流れている静かないい雰囲気の店だ。


ドリアや焼きカレーもあるので今度はそちらに挑戦しましょう。

↑このページのトップヘ