フガドコ

広島見るもの歩くとこ

2011年11月

薬研掘に出来た佐賀ラーメンのお店「一休軒」に行ってきました。

僕は薬研掘の方へはあまり来ることが無いのですがこの日はちょっとしたオフ会が近所であり、結構飲んだので締めにラーメンが欲しいなと思い、かねてから気になっていたこのお店を訪れました。

頼んだのは普通のラーメンをネギ盛。

7d72f2c1.jpg



割とあっさりとした豚骨スープです。飲んだ後はこれぐらいがいいのかな。

この秋本川町の電車通りにオープンした麺屋廣島弍番。
事務所の内装そのままの真っ白な壁紙というラーメン屋にはちょっとない

店内に入ると店員さんは女性が2名。話を聞いているとどちらもご近所の方の様子。
ということは調理段階では特に特別なことはしてないようです。

ラーメンは塩と味噌の2種類。
今回は塩ラーメン(大)を細麺でトッピングとして豚そぼろを頼みました。

d06f2061.jpg



出てきたのは一見普通の色のついてないスープのラーメンですが食べてみるとしっかり鶏の味がついいていました。ブイヨンでしょうか?麺とも相性がよく実に旨い。次回は味噌にしてみましょう。

そうそうこのお店は夜の営業時間が2時までなのです。
少々遅くまで飲んでもおいしいラーメンが食べられるいいお店が出来たことに感謝です。

11月最初の週末は読書イベント三昧でミステリー作家の東川篤哉(TVで「謎解きはディナーの後で」がドラマ放映中)さんのトークショーなんぞに潜り込んだり古本市で買いあさっていたりしたのですが、その辺は置いておいて、ここでは横川カジルに出来た豊前うどんの「玉三郎」について書きましょ。

ショッピングモールに出来たセルフうどんの店なんで舐めていたらとんでもない。その辺の讃岐なんて(あそことかあそこ)目じゃないくらいの強いコシとモチモチ感の麺が売りです。
1455ec0b.jpg


豊前うどんは細麺なのですがそれが無茶苦茶コシがあるんで箸で引っ張っても切れません。今回は温かいかけで食べたのですが冷にしたら噛み切れるんかな?ってくらいのコシです。

今回はかけ大盛に天ぷら2点で680円だったのですが細麺なんで見た目よりボリュームがあるんです。大盛だと多かったです。ちなみにネギと天かすもセルフです。

だし?…広島の一般的な味としかよく覚えてない(笑)

先週は「安芸灘とびしま海道オレンジライド2011」に参加をしてきました。
今回が第2回となるこのイベントで 私が走ったのは90kmのフルコースです。
去年の今頃は初めて呉まで往復をしたかどうかぐらいで世の中にはこんなイベントがあるんだぁぐらいの気持ちだったんで1年でずいぶん変るもんです。

自走でとびしまに入る根性も技量もないので車で会場入りです。
7時半過ぎに県民の浜へ到着。家を出る前にトイレに行って無かったので急ぎ足で駐車場のトイレに入ると個室には先客さんがいるじゃないですか。仕方ないのでしばらく待つと出てきたのはMANIの黒い魔人いけぴーさん。「やーこんなとこで」とかやっていると漏れそうなので簡単な挨拶もそこそこに駆け込みます。

トイレから出ると受付へ行きゼッケンをもらい、車に戻り自転車の準備をします。ホイールをつけて空気圧とブレーキの効きを確認したら自転車を押して集合場所へ向かいます。自転車をラックにかけてウロウロしていると自転車SNS「LEGON」の呉ポタリング倶楽部メンバーを発見したので合流します。

クラブ恒例の記念写真撮影を撮り終えた頃に開会式の為に自転車を持って芝生広場に下りるようにアナウンスがありましたのでその指示に従い芝生広場に下りると宇品からサイクルシップで来た快食.com一行の集団を見つけたので合流。聞いてみるとメンバーのうち4人は昨年も90kmに参加し、2人の女性のうち1人は昨年ハーフに参加、最後の1人は今回初参加で90kmだとか。そんな事を話していると開会式が進みスタートの時間となりました。
1652676e.jpg


参加人数が1200名という事で何グループかに分かれて順番にスタートなんですが今回は開会式で一度下の芝生広場に自転車を持って下りて、スタートをするのにまた押して上がるという指示でした。この辺は混雑がすごいし一般車の参加者には酷な話なんで来年以降改良の余地があると思います。
ed4a59d1.jpg



私はは5組目位でスタートしましたがまわりがロードばかりという事もあり最初の坂を下りた辺りで集団から外れました。無理する気は全然ないのでのんびりマイペースで進みます。
速度以外は順調かなと思われたのですが間もなく左足のクリートがはまらなくなりやむを得ず片足固定状態で進みます。バランスの悪いペダルリングをするものだから、坂がある度にふくらはぎが吊りそうになるのをなだめすかしながらのサイクリングとなりました。

実は今回いつもにもまして出力が上がらなかったのですがよーく考えたら1週間前に成分献血したことを思い出しました。そりゃ体力回復してないわ(笑)

第一エイドステーションにはバイクラックがあったのですが台数オーバーなんで堤防に立てかけます。
54dc3bd2.jpg


ここはすぐ手前の安芸灘大橋下の信号待ちで溜まった自転車が一気に押し寄せるのであっと言う間にキャパオ-バーになってしまうんですね。

メニューは鯛汁に鯛めし、それにみかんとお菓子。
47121c73.jpg


飲み物ももらった上にみかんやみかんジュースや腹に入れちゃっぷんちゃっぷんいいながら走るのを再開します。

豊島大橋への上り下りもぎこちないながらもなんとか出来たのですが、
下りたしばらく行った先の港で自転車を降りて左側の靴裏を見るとSPDクリートのネジが一つ抜け落ちもう一つもゆるゆる。これじゃクリートはまるわけないですね。慌てて締め直して以後は微調整なしながら両足固定で漕げるようになります。

とびしま海道の一番の難関である豊島の広域農道の坂道は今回初挑戦でなんとかクリアできるかなと思ったのですが上がりきれず押して上がることに押してみると頂上までは残り数十mしかなく苦笑い。坂がきついというより坂があとどれだけ続くかが分からないのがきついんですね。こういう坂は残り何mとかいう表記があると有難いかもです。

第2エイドは太刀魚ラーメン。
66a9a933.jpg


熱いラーメンですが汁まで全部いっちまったい(笑)やっぱりあっさり系の太刀魚の出汁のお陰ですね。こってり豚骨だったらギブアップしてました。知人の話だと最後のほうはチャーシューが無かったそうですけど、あれだけの量をさばくと数違いはしょうがないかなあ。

第2エイドを出ると御手洗の町並みを横目に進み島の裏側に入ります。海岸沿いにただひたすら進めばいいだけなんで迷いようがないのだけど島の表側みたいに人がいないので段々と不安になっていきます。特に僕みたいに集団からバラけて単独行になるとホントにこれであっているのかな心配になってくるんでスタッフとはいかないまでもところどころ看板だけでもあると精神的に楽になるんじゃないでしょうか。

この辺まで来ると前半のお馬鹿ペダリングのつけが累積して腿もふくらはぎも吊りかけては回復しの繰り返しでだましだましの前進だったのですが、豊島大橋からの下り坂を腿を押さえながら下っていたら呉ポタメンバーが追い抜く際に「あともう少しだよ」と声をかけてくださいました。ありがたやあありがたや。この声のおかげもありなんとかゴール前の坂をクリアしました。

8e53b402.jpg


実はゴールした際に時計を見るの忘れて制限時間内にゴールしたかどうか分からないのですがスタートの順番考えたらぎりぎり時間内という事にしときましょう(笑)

始まる前は「自転車による地域振興とは?」なーんて真面目なことを「ちょこっと」考えてましたがいざ走り出すと、足は何度も釣りかけるはクリートは外れかけるは坂で心が切れそうになるはで「そんな余裕なんてねーよ」が率直なところ。
それでも走りながら目に入る海は時間により表情を変えきれいでし​たし、エイドステーションでの食事は充実していました。
関係者の方々や沿道で声をかけてくださる地元の方々には感謝感謝​の一言


↑このページのトップヘ