フガドコ

広島見るもの歩くとこ

2012年02月

2/17に紙屋町交差点で工事を続けていた広電ビル「広島トランヴェールビルディング」が竣工しました。
竣工記念ということで2月17日から20日まで紙屋町交差点に面したR部分のライトアップをするということでしたので最終の20日の仕事帰りに立ち寄ってみました。

5fe75150.jpg



c9721b7a.jpg



6a5003c7.jpg



このビル4月半ばには1階と2階はアウトドア用品のモンベルがオープンします。
品質の割にはリーズナブルなブランドなのでよく利用するのですが、これまでは休日に祇園のイオンまで行っていたのが仕事帰りに立ち寄れるようになるので個人的には楽しみです。
c693feb2.jpg


向かいのビルの地下には登山用品の好日山荘がありますので紙屋町界隈に新たな魅力を吹き込むのではないでしょうか。
あとはデオデオ第2本店にスポーツフロアが出来れば理想なのですが、経済紙の社長インタビューではVポイントやサンフレサポーターの集うカフェを設置したいということですのでそれに近いことになるかもしれません。

新ビルの地下1階には飲食店などが入りますがシャレオからは段差無しで行き来出来るようになります。
86706bd1.jpg


ビル西側には直接シャレオに下りる階段が設置されました。
acef9306.jpg


5f02574d.jpg



このビル以外の広銀本店でもそうなのですがビルの敷地を通って地下に下りる階段が設置された場合は歩道上の階段を撤去することは出来ないものでしょうか?私はシャレオのって近接する出入り口が多すぎて返って分かりにくいと思うのです。歩道の出入り口を撤去してその跡は地下型の機械式駐輪場なりベンチなり、なんなら荷捌き場にした方がいいんじゃないでしょうか。

駐輪場に関してはこのビルの地下2階は駐輪場になるので少しはあの辺の駐輪事情は少しはよくなる事を期待します。。

先日ある公立学校の小学6年生の社会科授業を聴講する機会がありました。

その時のお題は広島県の産業。
観光をテーマに広島に外国人観光客が少ないわけを仏ドゴール空港からの移動時間と費用を例に説明していました。
いかに広島という土地が海外から不便であるかの説明です。直行便が無い、空港から乗り換えなしで宮島や原爆ドームに行けない。結果として現地に裂くお金や時間が少なくなる。観光地として魅力があるなしに以前に選択肢から外されてしまうのが現状であると。

いやーこれおもしれー。これホントに小学生の授業ですか!
この授業を議さんや県市の職員さんにもしていただけますでしょうか(笑)

93813989.jpg

(写真は記事内容にあまり関係ありません)

先月の話になりますが広島市議会議事堂で開催された、豊島市議主催の『地方政治、早分かり勉強会in広島市議会』に参加してきました。

これは市民に「地方政治とは何か」を知ってもらい、議員と市民との間で意見交換をしようという企画で、場所は業務終了後の市議会全員協議会室。普段市民が入ることのない番所での開催です。

bf37a319.jpg


勉強会には呼びかけに賛同した地方議員も駆けつけて緒方直之・県議(東区)佐藤一直・県議(中区)豊島岩白・広島市議(西区)三宅正明・広島市議(安芸区)石橋竜史・広島市議(安佐南区)山路英男・広島市議(東区)胡子雅信・江田島市議の計7名という豪華な顔ぶれ。

私が20分程遅刻して入った時には参加加者からの「議員がなにやってるのか分からない。」「選挙で何を基準に選んでいいのか?」という声に各議員が答える形での発言が行われていました。

豊島議員がは「地方議員の公約はウソ」と発言。これは議会は市民の代表として市政をチェックするのが役割であり、市役所と議会は全くの別物だからです。基本的には地方議員には政策を立案する権限はないからです。なので選挙で「~を実現します」とかいうう候補者は信用ならないというお話。

佐藤議員は「議会の議員の賛否を公表したい」と。市議会県議会共に採決での賛否は公表されていません。これを公表することで有権者にとっての選挙での判断材料となるということです。

石橋議員「市議会議員選挙に立候補する1年前は府中町内に住んでいて、そこが立ち退きになるので府中町内で新居を探してました」と市議会選出馬は当初は考えていなかったと発言。出馬すると決めてからも先輩議員から地盤を引き継がないかという話も何件かあった。しかししがらみを嫌いそれらをすべて断りゼロからスタートを選んだと。
議員の生活については12月で22時23時までに帰ったのは1日か2日しかなかったと発言。

三宅議員は「拘束されるのは公務のみ。何をするかは自分で決めないといけない」と発言。自身の生活は午前:地元、午後:議会、夜:(各界との)意見交換というパターンだと説明。
多数派工作などで同一会派内で歩調を合わせるために自分の思いと違う票を入れることもあるのが議員ごとの賛否を出すことを嫌がる原因ではないかと説明します。こういうのは特にベテラン議員に多いとか。

胡子議員は「江田島市議会は以前より賛否欠席を公表している」

ここで「市民球場跡地に関してどう考えているか」という質問が出ます。各議員はここでは個別の意見を言う事は避けて、自らのプランがあるかなしかだけを答えます。

江田島の胡子議員は「ない、対岸の島の市民としてみている」

山路議員は同一歩調の石橋議員にパスをします。
2人分の発言時間をもらった石橋議員は勿論サカスタ推しです。 

三宅議員はプランはあると。

豊島議員もプランありと。「市長は検討委で都市公園の枠を外すか表明していない。市民に方向性を示していないそんな(縛りのある)状況では誰も好き勝手に言えない。市が一丸になってやろうと思えばなんだって出来る、
(知恵を出して交渉すれば)資金の問題も都市公園の問題もクリアできる。トップにプランがないと議論できない」と熱弁。
緒方議員はある、何が欲しいのかまず出して、そこから(実現の為の)作戦を練るべき。

この辺で終了時刻も迫ってきたので最後に各議員が「市民に求めるもの」について発言します。

緒方議員「(情報を判断する)リテラシーを持ってほしい」、三宅議員「まずは話を聞く耳をも持って欲しい」石橋議員「(地元だけに偏らない市政全般に対する)総合的な視点を持ってほしい」最後に胡子議員が「選挙に行こう」で締めくくりました。

このような広島市では恐らく初の試みに参加できたことを豊島議員を始め関係者の方に大変感謝しています。同時に今回平日の仕事が終わった後にも拘らず50名近い市民が参加したことに対しても嬉しく思います。

2回目、3回目の勉強会を考えられているとのことですので是非参加したいと思います。






先日書いた上幟町の流川教会ですが、地元経済紙によれば新しい教会が建つのは現在の敷地の南半分だけで北半分は三菱地所レジデンスが15階建て55戸の分譲マンションを建設するそうです。
さすが三菱、素性のいい土地は逃しませんね。


b16b7209.jpg

(追記:2/18工事用の囲いが設置されました)

久しぶりに宮島競艇に行ってきました。
以前は1年に1度くらいは行っていたのですがここ2、3年は自分自身が自転車に乗り始めたんで傍は通れど寄らずでとんとご無沙汰でした。27420e7e.jpg


今回宮島競艇はG1開催ですが僕の目当てはレースよりもファンサービスの一環として新天地のビールバー「Golden Garden」さんが
出店する「ミニミニ地ビールフェスタ」コーナー。d33507a0.jpg



今回飲んだのは松江のペールエールともうひとつ何か。千葉だったかなあ(笑)
d22c1d70.jpg



9637c72f.jpg



海からの風の吹きつける寒ーい中で震えながらでしたがおいしく頂きました。

折角来たんで一応2Rから4Rまでは舟券を買いました。
スポーツ紙を参考に固いの穴狙いを適当に混ぜて選択。
この日の電車賃と酒代くらいにはなりました。

この日は仮面ライダーショーが午前午後の2回開催ということでかなり場内に子供連れの姿を見ました。
宮島競艇ではショー以外にも室内にかなりひろい子供が遊ぶスペースを用意していたり塗り絵ができる机を用意していたりと家族連れをかなり意識しています。
またショーもヒーローもの、お笑い、演歌と種類を揃えより広い客層向けのサービスをして来場者、売り上げの向上に努力しています。

こういうとこは広島競輪も見習うべきじゃないでしょうか。

↑このページのトップヘ