フガドコ

広島見るもの歩くとこ

2012年05月

庚午の宮島街道沿いに「手打ちうどん真や(まことや)」というお店が4月に開店しました。
開店してすぐに食べに行ったところ、大変レベルの高いうどんにすっかりファンになってしまい近所ということもあり週に1回以上のペースで通っています。
fac42d8a.jpg


お店は若い夫婦でされています。旦那さんは高松出身で子供の頃はうどん職人だったお祖父さんの手伝いをされていたとのこと。他の職に就かれてましたがうどん屋の開業を目指し製麺機の会社の研修を受けた後に1年間うどん屋修業をされたとのこと。この旦那さんが打つうどんは強いコシと程よい歯応えです。開店当初はかなり太い麺でしたが今は提供を早くする為にやや細めになっています。日によりばらつきがありますが調子がいい時は箸で引っ張っても切れない程のコシがあります。冷やしだと小麦の刺身という表現が似合うツヤがあるうどんです。奥さんは市内の居酒屋さんで数年間の経験があり厨房の中でもと外でも旦那さんをサポートされています。
8104a641.jpg


出汁は当初は薄いものでしたが現在は店主が親しんでいた煮干しの強いものになっています。この辺も今のもので確定というわけではないようです。鰹節は古江のリチャードさんのものを使われています。
3cf20a6d.jpg


僕はこのお店は開店と同時に広島のうどん店のトップレベルに躍り出たと思っています。讃岐で生まれ育った店主が広島で出すうどん、いろいろと発展が楽しみな店です。
夜営業もありますが、昼でうどんが無くなるとそこで終わりとなります。お酒はビールと焼酎がありますが僕としては是非とも日本酒も置いて頂きたいので夜行く度に近所の石川酒店さんをプッシュしています(笑)

駐車場は店の前の1台のみですが、100m程宮島街道を西側へ行ったところにコインパーキングがあります。

広島市西区庚午南2-37-29

大きな地図で見る


営業時間 11:30-14:30
     17:30-21:00
    (週末は11:30-17:30)  
6月より毎週月曜日と月1回日曜日が休みとなっています。            
 
 

                          12/06/10 定休日を更新

今年も5月5日は岩国基地へ行ってきました。

だいたい1年おきくらいには行っていたのですが去年が震災で取りやめになった上に民間空港ができる来年以降は開催されないという噂もありましたので是非とも行かねばと思っていました。
そんな時に街の立ち飲み屋でたまたま隣り合った人と基地の話になりいろいろ情報を頂きました。

そっかー今年はやっぱり多いかと覚悟を決めたんですが当日家を出たのは何故か8時。1時間ほど鉄路を行き岩国駅へ到着。駅ではシャトルバスを待つ人の列が凄まじいことになっていますがそれを横目にさっさとタクシーに乗ります。シャトルバス乗るまでに1時間近くかかるのも、バスが通る道が大渋滞なのも知っています。けどタクシーなら裏道を通るので確実に基地の近くまで行けるんです。ちなみに今回のタクシー代は1,600円也。4年前は1,000でしたが今回は渋滞がひどくこんな金額になりました。タクシーが嫌なら歩きという手もあります。駅の南口から30分ほどで着くのでバスよりは確実に早いです。

ゲートに着いてからがこれまた大渋滞でなんだかんだで滑走路脇に着いた時には展示飛行が始まっていましたがかなりの分は歩きながら見られたんで満足です。

お約束のハリアーの空中静止と旋回。
38e10220.jpg



F-16の2回目の飛行。
期待準備からゆっくり見られたんで面白かったですよ。
258ba2fa.jpg



7a047271.jpg



4f356672.jpg



4994dc9c.jpg



c450efb7.jpg



0f2fe305.jpg



f6775d15.jpg


だいぶ遠いですが70-300mならこの辺りが限界です。500㎜にテレコンとかつけて振り回す金も体力もありません(笑)

地上展示は変わり映えがしないので今回控えめに行きました。
47e88ceb.jpg



244019b8.jpg



734acd13.jpg



P1022014_764


帰りの渋滞を避ける為にブルーインパルス前に基地を出ます。
f2fb52ba.jpg



飛行は帰路で楽しみました。。
28accac1.jpg




今回のフレンドシップデーは28万人の入場者があったとのこと。毎年が25万人前後なんで1割以上増えています。当日は13時半過ぎると入場できなくなるのですが観光バスが20台時間内に入場できなかったとか。毎年車で来て停められずに帰っていく人の話はよく聞きますがツアーバスが到着出来なかったら料金って返って来るんでしょうかね?

以上超手抜き岩国基地祭レポでした。

1月以上ぶりのブログ更新です。

ネタには苦労してないのに更新できなかったのは別に大して理由があったわけではなく、仕事が早く終われば飲んでいて、週末は飲んだ分を落とすために運動してと健康なんだか不健康なんだかよくわからん生活を送っていただけのことです。
そろそろこの辺で何か書いとかないとある方面では死亡説まで流されかねないので更新再開です。

まずは5月4日に行われた「ひろしまストリート陸上」から。はい1月近く前の話ですね(笑)
昨年のフラワーフェスティバルでも行われたこのストリート陸上。通常はトラックとスタンドに別れている競技者と観客を同じ目線に持ってきてより身近に陸上競技に触れてもらおうという企画です。広島出身の「侍ハードラー」為末選手が企画して東京、大阪で先行し広島は3か所目でしたが2回目となるのは今回の広島が初めてなんですね。

今回はオリンピック選考が間近ということで残念ながら為末選手の走りは披露されずトークのみの参加となります。トークには広島経済大学陸上部の監督に就任された元中国電力の尾形選手も参加でした。

実演の方はまずは棒高跳び。広島県内トップクラスの田村選手、荻原選手の2人が跳びました。
db898ff2.jpg



d3fb9078.jpg


9adec8e2.jpg

2人とも信号機とほぼ同じ高さの5mをクリア。

高跳びが終わると小学生の50m競争。男女それぞれ2人が4組走り、最後まで勝ち残るとアスリートと勝負出来ます。それが終わるとトップアスリートのデモンストレーションとなります。

去年に続いての出場の短距離の管野優太選手。DSD_5626_748


400m障害の秋本真吾選手0a508a6b.jpg



女子100m障害では昨年のインターハイ,国民体育大会で優勝の皆実高校2年生の福部真子選手823fb6ef.jpg



為末選手に始まりデオデオの木村選手福部選手といつの間にか広島はハードル王国となりました。

最後は小学生とアスリートの50m勝負。勿論ハンデとして小学生は距離を短くしたりアスリートにハードルを足したりはお約束です。619aac92.jpg



あっという間の1時間でしたがアスリートと同じ高さで競技を見て感動と興奮を覚えました。こういうのってサッカーの専スタが求めるものと同じなんですが司会が本名アナということもありさすがにそういう話は出ませんでしたね(笑)

こども用の席を最前列に設けたり競技時はスタッフが座ったりと運営も昨年の第1回に比べてかなり改善されていました。これに続いて来年以降も3回4回と回を重ねてほしいものです。

このイベントを企画された為末選手を始めとするアスリートとスタッフの方々に感謝です。

↑このページのトップヘ