フガドコ

広島見るもの歩くとこ

2012年06月

先日地元の友人たちと晩飯でも一緒に食べようかという話になり古江の東海楼を訪れました。
場所は広電古江駅から宮島街道方向へ向かう道が大きく曲がる角っこ。広電でも宮島街道のバス停からでも歩いて5分といったところでしょうか。

実はこの店以前から表にトマトラーメンという看板が出ていて以前から気になっていましので迷うことなくトマトラーメンを頼みました。広島でトマトラーメンというと幟町のヴォーノのが有名ですけど生憎と食べたことがありません。という訳でこれが人生初のトマトラーメンです。

ここの店はカウンターばかりで10席ほどの店なのですがカウンターの中にはぎっしりと自転車関係の雑誌が入れられていたり表には趣味のいい小径車があったりとおやじさんかなりの自転車好きな様子。今回は友人と一緒だったのでそういう話はしませんでしたが次回は少しその手の話をして見みましょう。

もう一つおやじさんの趣味をいうと大の阪神ファン。店にはもう縞の塗装が剥げて黄色一色になった人形を始めとする数々の阪神グッズが店内にあります。

カウンター越しに唐揚げをつつきつつ雑談をしながら待つこと15分ばかりでトマトラーメンが出てきます。

ハイ、この通り真っ赤かです。e5c25df5.jpg


味は一言で現すと旨辛です。

トマトの酸味と辛さがちょうどいいバランスです。辛さは種類は違いますが國松の汁なし担々麺で言うと4辛ぐらいでしょうか。唐辛子系の辛さには耐性が無いのでスープーを飲むのは控えましたがおいしいラーメンでした。


広島市西区古江新町1-27

大きな地図で見る
2013/01/14追記
しばらく臨時休業されていましたが1月より営業再開されています。
奥様が調理を担当されている関係でメニューが減っておりトマトーラメンは提供されていません。

先日旧市民球場跡地横の青少年センターで開かれた「旧広島市民球場跡地委員会第3回検討グループ会議 」を傍聴してきました。この日はたまたま休日出勤の代休で普段なら平日休みは市内で昼酒でもしているんですがせっかくの機会ですので現地へ行って来ました。

会場前の受付で配布資料と「撮影録画録音配信は原則禁止、やりたきゃ委員長の許可を取れ」という注意書きを受け取ります。

会場で石橋市議を見つけ挨拶。よく見ると傍聴人の半数は知った顔だったりします(笑)

定刻きっちりに委員会は開始します。ちなみに検討グループ委員の顔ぶれは以下のとおりです。
山野井委員長 広島青年会議所前理事長
下村副座長   中央部商店街振興組合連合会理事長
山本委員    広島市文化協会副会長
芳我委員    日本旅行業協会中四国支部事務局長
棚多委員    広島観光コンベンションビューロー専務理事   
佐藤委員    中国地方総合研究センター地域計画研究部長
坂村委員    広島工業大学学生
小松委員    紙屋町2丁目町内会副会長
岡野委員    大手町1丁目町内会長
中村委員    市立大学講師(市立大学研究員今井委員代理)

会議の詳細については正式な議事録が出ていますのでここをご覧ください。ただ私の手元のメモを見ると幾つか抜けている発言があるようです。

以下はメモ書きを元に起こした個人的なまとめです。

冒頭で会議の進め方についての説明があります。現地を見ながら話した方がいいという意見が前回出たのでこの場所にした、今回は個々のアイデアの比較検討の前段階である事などが説明されます。

議題1検討の進め方及び評価の視点について 

7c59e3ce.jpg


棚多「多くの意見が出ているが全てを入れることは出来ないし、これれを全て評価していたら埒があかない。(先に)市内の未利用地に(検討委で出た)アイデアが適用出来ないか考えて残った物を球場に当てはめて検討できないか」
山野井「出てきた機能を市全体でどう分担できるか議論し、残った機能を諸条件などを加味して比較したい」


ここで事務局が市内未利用地の説明をしますが委員から批判が相次ぎます。

岡野「ここで4カ所の未利用地について議論するのか」
小松「紙屋町2丁目でこれをやらないといけねいということから始めるねきだ。そうしないと収拾がつかなくなる。地価の高い場所なので人が集まるものにすべきだというのが地元の意見だ。」
佐藤「ここで今から分担を議論すべきなのか」

更には市が用意した球場跡地の機能別分担表にも批判が相次ぎます。
cbb88eed.jpg


下村「昨日別分類表はもっと詳しく書けるはずだ。もっと整理しその上で機能を分けるべきではないか。ソフトも入れるべきだ。前から言っているがグループ会議には有識者を入れて欲しい。市はその人選はもう済ませているはずだ」(赤字の部分は下村氏と委員長、事務局との私的な会話とされたのか議事録に入っていません)

分担表にソフトを入れることを含めた再整理と専門家の人選を次回までに事務局がまとめることで決着します。

棚多「コンベンションがアミューズメントに入れられているのはおかしいのではないか」
岡野「(有識者を委員会に招くと議論が誘導されかねないので)事務局が意見を意見を求めるようにすべきではないか」
山本「市内外の人様々な専門家から意見を聞くべき」

山野井委員長「次回のグループ会議で実現すべき機能の抽出を行いたい。その結果を跡地委員会に報告し取りまとめを行いたい」

議題2制約条件について

事務局から跡地に課せられている制約についての説明があります。
e86ddacb.jpg


8d75ef62.jpg




ここで事務局から紙の財政状況についての説明があります。要は市に金はないという話です。

棚多「(財政が厳しいのは分かるが)球場跡地は優先課題。このような1等地を使えない都市に未来はない。(分担を持ち出すなら市外も考慮すべきではないか、その上で)他都市よりも多いものは後回しでいいのではないか」
岡野「アイデアを絞るのに市の財政状況資料は不要。出されても後ろ向きに安いものしかできなくなる。20年30年先を考えて意見を出したい」
佐藤「都市公園法、景観制限は厳しいが都市計画法は用途変更などを考慮すべきではないか。変更の可能性を比較の前提条件として配慮してほしい。」
岡野「(プロサッカーなどの)興行は国に利用料支払いが生じるが市が受け取る使用料との差で市が潤う可能性があることも触れてほしい」

ここでも市の姿勢に対して異論が相次ぎます。棚多委員の市外も考慮というのは例えばクラシック向けのホールなら廿日市や岩国にあるじゃないか、水族館なら宮島にあるじゃないかという話です。
また佐藤議員の制約についての話は事業主体の市自らが跡地に課している制約は変更できるのではないかということです。

山野井「他に必要なな資料があるか。費用対効果の資料は(次回までに事務局が)用意してほしい」
中村「他都市を参考にするなら国外も対象するべきだ」

議論3 その他
事務局が広島大学国際協力研究科張教授が他の研究発表会で使用した資料について説明をします。郊外型SCに行くのは子育て世代が多いとか市内を避けるのは駐車駐輪が不便だからという今ここで出されてもどうしようもない資料です。
ここで中村委員代理より学生が作ったアイデアの披露がありますが発表後に各委員から総スカン状態になります。要約すると「芸術で人は集まらない」

岡野「全国大手の設計事務所の専務と話す機会があった。彼が言うには広島は議論多いが実行は少ない、バス路線がわかりにくい、橋の効率的な配置を考えてほしいと言っていた」

ここでグループ会議は閉会になり希望者は跡地の現状を確認する為に工事フェンスの内側に入りました。

1a20aa03.jpg



5a24ab6a.jpg




5dbabc4e.jpg



be27a8ab.jpg



57aa4302.jpg



f49842c9.jpg



今回初めて跡地関連の会議を傍聴しましたが意外にもと言っては失礼ですが各委員がこの問題を真剣に前へ進めようとしていることに関心しました。跡地委員会の方が議事録見る限りではグダグダで3歩進んで2.8歩ぐらい下がるような有様でしたのでこちらもてっきりそうだと思っていました。しかし実際は各委員が跡地について議論しようとしているのを事務局が要らん話を持ち出して引っ掻き回す状況でした。

次回のグループ会議では今回よりも更に機能を整理し跡地員会に提出する取りまとめまでするとのことで目が離せません。今のところ次回は7月11日水曜日の予定だそうです。

今年横川商店街が主体になり発足し日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)を目指しているアンジュヴィオレ広島。NPO理事に代議士を入れたり、監督に地元に縁のある経験者を迎えるなど人の使い方、組織作りが非常にうまいなあと感心しております。

そのアンジュヴィオレの5月27日に草津グランドで行われた広島県女子サッカーリーグ(Aリーグ)の対吉島レディースサッカークラブを観戦に行って来ました。
当日は晴天で5月とは思えないほど気温の高い日でした。試合会場が草津と聞きてっきり宮島街道に近い野球場のある草津公園かと思っていましたがそれは間違いで、実際は商工センターの下水処理場敷地内の土のグランドでした。

会場に着いたのは試合開始の20分ほど前です。結構な数の台数が止められる駐車場がありましたが、朝から数試合組まれているリーグ戦なので既に満杯で路上で試合が終わった車を出待ちする車が複数いる状態でした。

グランドは水もまかれていない土のグランドですので風が吹く度に凄まじい砂ぼこりが舞うお世辞にもいいとは言えない環境でした。

会場にはアンジュヴィオレの応援に駆け付けた横川からの応援団がいました。太鼓や声だしで賑やかな楽しい応援でした。
1c34924b.jpg


旗振りが何故か皆黒い千葉ロッテのシャツを着ているかは謎(笑)

試合開始から常にアンジュヴィオレのペースで進み、前半19分に小堤あすか選手が頭で押し込み先制点を奪います。
52c04b1e.jpg


前半戦終了間際に追加点が入り2対0で前半戦を終了。

ハーフタイムに監督から戦術指導。
b1996287.jpg



後半もアンジュヴィオレが終始押し気味に試合を進めますが、一押しが足りません。結局吉島の守りを崩すことは出来ずに試合終了。勝つには勝ちましたがちょっと後味の悪い試合でした。

d67d3e55.jpg



試合後もミーティングでは監督から2点取って気が緩んだのではないかというかなりきつい言葉が出ます。
確かに後半はパスの精度やボールを追いかける速度が前半より悪くなっていたように感じました。ただ後半の不調は単に砂埃で目が開けられなかったんじゃないかという気がしないでもない・・・(笑)

次回の県リーグ第3節は、6月17日に廿日市フットボールクラブレディースとの対戦です。
それまでに調整をして試合に臨んでほしいものです。


今回初めて草津グランドを訪れたのですが全て土で散水施設もないとはいえコートが2面とれるなかなかの広さです。気になったのはグランド脇の鉄骨のベンチや本部席があることです。てっきりサッカー協会辺りが用意したのかと思ったのですがなにやら銘版らしきものが見えます。
4d9f2488.jpg

近づいていて見たら「三陽高校OB寄贈」とあるじゃないですか。恐らく山陽で使わなくなったものをこちらに移動したんでしょうね。


 

今年も5/20に女子ホッケー、コカ・コーラウエストレッドスパークスに行ってきました。

市内から車を走らせること1時間ばかり、安佐動物公園より更に奥にある専用スタジアムに向かいます。会場に着いた時には前の試合が半分ばかり終わった頃。案内に従い敷地内に車を停めます。

去年からなのですがこのようなチケットを渡されます。fefe65e9.jpg

入場料は取らないのですがこの券で入場者数をカウントしているのだと思います。

今回も観戦はスタンドからです。
コートサイドは迫力はあるのですがなんせ暑いんで(笑)
5e7206a8.jpg



サイドで見るようなぶつかり合う迫力は感じられませんがゲームの流れはよく分かります。

38a61a97.jpg



試合は7対1でレッドスパークスが圧勝。まあ先輩とやっているようなもんですから。

地元に愛されるいいチームになりました。入場者もスタジアムの座席に収まりきらない程来て階段やこの日は地元の小学生の子の隣に座ったのですがその子が選手の名前やルールをよく知っていて試合中教えてもらっていました。

試合後は恒例の見送りです。
7b0d0d54.jpg



さて、例年ならこれで見納めなのですが今年は秋にもう一回あるのでそのときもまた応援に来たいと思います。

↑このページのトップヘ