江田島市の海上自衛隊第一術科学校近くに小さな白い洋館があります。元々は明治後期に海軍士官学校の下士官と兵卒の集会所として造られた木造の建物です。戦後しばらくは洋裁教室として使われていましたが昭和23年に健康器具等を販売する江田島文化振興社に払い下げとなりました。その江田島文化振興社が平成24年9月で解散となり主に地元の有志からなる「ぐるぐる海友舎」が活用法を探りながら整備と見学会などのイベントを行っています。

この「ぐるぐる海友舎」が参加者を募り洋館の清掃を行うというのをネットで見かけまして見学がてら参加してきました。江田島はサイクリングコースとして知られていて私の知人もちょくちょくフェリーで島に渡り走っています。海友舎の場所を地図で見ると自転車で行けそうでしたので宇品から江田島の切串までフェリーで渡り、そこから丘を2つ越えてだいたい2時間弱で着きました。場所は旧江田島町の中心部、第一術科学校の近くです。

狭い坂道の途中に海友舎はあります。8e79803e.jpg



当日は門にこのような張り紙がありました。65816312.jpg


後の時代の改変がありますが細部にいたるまで丁寧に作られたいい建築です。 9c2e0a75.jpg

c45fa07e.jpg

9f2750ff.jpg



海友舎は北側の2階建ての洋館とその裏にある娯楽室と和室からなる平屋の建物からなります。ec367f9a.jpg



また敷地内には住居として平屋建ての日本家屋があり海友舎と住居の間には庭園があります。e64ab5eb.jpg



洋館背面の南側に張り出し部分があります。この横の部分が当初は階段室でした。cbff57a2.jpg

やがて兵学校の生徒数の増加に応じて下士や兵士が増えたために居室を増やすために廊下に階段を移しました。

幅の狭い廊下に移した為に非常に幅の狭い階段になっています。
ca7aab6f.jpg



階段が出来た為に娯楽室へ繋がる扉が開かなくなり上部を大胆にカットして出入り出来るようにしていました。
378f5f72.jpg





中にあった半ば朽ちかけた家具を出し部屋はキレイになりましたが木枠の窓の多くがきちんと閉まらないことが判明。3a403f70.jpg

建物のことを考えるとアルミサッシに交換するのが良いのでしょうがここの窓は貴重な明治期の板ガラスが使われていて保存と活用の両立に頭を悩まされます。

板敷の娯楽室にはビリヤード台などがあったそうです。66eb4778.jpg



和室には床の間があり畳が敷かれていました。72aa214f.jpg

現在では畳は取り除かれ幾つかの部屋に仕切られています。

この海友舎で2月10日(日)に見学会が開かれます。当日は講師の先生による説明もありますので興味のあるかたは是非訪れてみてください。24a04558.jpg



現地へ向かうには広島からだと宇品から高速船で小用港へ渡りそこからバスに乗り術科学校前で降りて徒歩10分程度です。道が狭く駐車スペースも乏しいので車での来場はご遠慮ください。

広島県江田島市江田島町中央2丁目7-10

大きな地図で見る