昨年末に新しい天井画の製作が行われた本浦説教場で古い天井画を取り外し新しい画を取り付ける作業が2月9日から始まったと聞きその現場を見させてもらいました。

中に入ると既に古い絵は取り外され新しい絵の一部は天井にはめ込まれていました。
9c6d9e1c.jpg


床に広げられた古い画は痛みこそすれ下から見上げた時には見えなかった周縁の青色も残り直射日光が当たらぬ場所であったととはいえ100年前のものとは思えぬ鮮やかなものでした。

25922c98.jpg


古い天井画は紙に描かれ天井に貼られていましたが新しいものは杉板に描かれ裏に奉納者の名前と願いが書かれ天井の桟にはめ込まれていきます。こだまさんや職人さんと少し話させてもらいましたが桟が真っ直ぐでないのでサイズをきっちり計ればいいというものでもなくその都度調整が必要で古い器に新しい酒を注ぐのはなかなか大変な様です。

1b3b9ab7.jpg



建物好きとしては天井板が外され普段覗けない屋根裏の構造材が天井裏が見られた事が嬉しかったです。小屋組みに斜め柱が見えるのでトラスかと思ったのですが軒下に出っ張りがないので和用のハイブリッドなのですかねえ?
587c32c6.jpg