フガドコ

広島見るもの歩くとこ

2016年09月

原爆ドーム横の旧東京海上ビルを改修したおりづるタワーは商業部分が先行する形で7月11日にプレオープンしていたましたが明日9月23日、ついにグランドオープンとなります。
b05d0ff8.jpg


プレオープン以来話題は展望台の入場料の1700円が高いだの安いだのばかりが話題になりこの建物自体の素晴らしが話に上がることが少ないことが私にとっては非常に不満なのでグランドオープン目前に応援記事を書いてみました。

タワーの入り口は原爆ドームに向かい合うタワー西側に移されました。ここから街が始まることを明示しています。平和施設であり商業地域へのゲートなのです。27902768.jpg



1階原爆ドーム側はオープンカフェの形態になってます。店内と店外との境も全開できるようになっています。
22404fc4.jpg

0080c4ec.jpg


79b3ee83.jpg

また1階は天井付近の外壁を取っぱらいガラス屋根を新設してオープン感を演出しています。6117a295.jpg


カフェでは軽食と飲み物が頼めます。広島のお酒も飲めます。私のお奨めはお好み焼きを丼にアレンジしたオコモコ丼です。3ca54c6e.jpg


カフェの反対にあたる電車通りに面した側は広島の特産売り場になっています。食べ物、お酒に筆やけん玉といった工芸品まで幅広く揃っています。8a14c820.jpg


ここまでは無料スペース。ここから先へ行くには券売機で入場券を買います。大人1人1,700円。おりづるを12階から投げ入れるなら更に500円必要となります。ただし500円払うと折り紙を5枚もらえる上に投入スペースにはグループで入ることが出来るので共同で払えばぐっと安くなります。

入場券を買うとビルの奥のゲートに進みます。
a19a466b.jpg


ゲートを通過すると左手にエレベーターが1基あります。これ使って上がってもいいのですが待つのが嫌ならスロープを歩いて上がることもできます。9d0ce7ea.jpg


スロープの壁にはストーリーのある絵が展示してありますがこれは上から順に並んでますので上がるときは見なくても構いません。149f7f37.jpg


a81ad9a1.jpg



おりづるタワーの展望台へはエレベーターを降りて更に階段を上がるのですけど(車椅子は別途回れます)近づくにつれてだんだんと明るくなりスタジアム、特に取り壊された旧市民球場を思い起こさせます。48657d6e.jpg


e9183e72.jpg


この展望台「ひろしまの丘」が他の展望台と違うところは壁のない吹き抜けであることです。常に風を感じ夏でも涼しいです。また丘と名がつくように中央が高く外周が低くなっており傾斜した木の床に座りのんびりと眺めることができます。こののんびり出来るというのがおりづるタワーの最大の魅力ではないかと思います。1e16aaa3.jpg


dcbc474f.jpg


9694e8c5.jpg


491116bb.jpg


7bb366f2.jpg



屋上展望台の1階下はおりづる広場は体験型エリアなっていて様々なアトラクションを楽しめます。また外周がガラス張りになっていて屋上と同じように外の景色を楽しむこともできます。

中央の大型映像の前で立つとセンサーで動きを感知して身体全体を使って巨大な鶴を折ったり自分の体の動きに合わせて折り鶴が集まったりします。1e58df54.jpg

この時は原爆ドームの元々の形である産業奨励館の設計者であるヤン・レツルの展示が行われていました。c58fba95.jpg

爆心地の中島病院を望める場所には案内があります。ba95ca93.jpg

本川小学校を望める場所には過去から未来へと移り変わる風景を映すディスプレイが置かれています。a17d4006.jpg

このフロアでもらえる折り紙で折った鶴を入れることができます。折り方がわからない人の為に各テーブルには折り方の動画を再生するためのタブレットが置かれています。2b7484fd.jpg

12階で投入した折り鶴は外から見えるここにたまります。6879525e.jpg


12階から1階に下りる際にはスロープを歩いて降りてもいいのですが緊急脱出用の滑り台を滑って降りることもできます。大人だと少々恥ずかしく思えるかもしれませんが遠慮せずに滑りましょう。
9fba03f0.jpg

2504e610.jpg



ここまで楽しんでだいたい2時間くらいでしょうか。大人1,700円という展望台の入場料ですが単純に考えれば高いです。ですが映画1回分と同じ程度と考えればどうでしょうか?またスカイツリーや阿倍野ハルカスに比べて低いのに料金が高いという声を聞きますが、この場所で100m以上上から見下ろして豆粒みたいな大きさの平和公園を見て意味があるでしょうか。おりづるタワーはこの高さだからこそ平和公園・原爆ドームを間近に見られる、言い換えれば原爆ドームを越えて延長した平和公園の一部といっていのではないでしょうか。また付け加えておくと安くして混雑するよりも今の料金でゆっくりと見てほしいと松田会長はインタビューに答えています。それはおりづるタワーに価値を見出す人だけ来てほしいということではないでしょうか。
また団体だと小学生は500円です。これは平和公園に修学旅行生にきちんと対応した価格だと思います。

建築的なことや松田会長がおりづるタワーで目指したものについてはまた書きたいと思います。最後にこの面倒な・・いえいえ困難なプロジェクトを完遂させた松田会長と三分一さんには敬意を表させて頂きます。

カープが東京ドームで優勝を決めてから初の地元開催試合、いわば凱旋試合に行ってきました。夏前に入手したチケットで優勝決める試合になればいいかなと思っていたのですが、マジック点灯後はカープが勝てば巨人も負けるといった具合にあっという間に敵地で優勝を決めてしまいのんびり消化試合を楽しむかと思っていたらまさか優勝セレモニーの日になろうとは。

せっかくなので休みを取り17時前に球場入りをしようとJRの線路沿いのカープロードを行けば球場入り口スロープ前の日本通運さんが樽酒を振る舞っていて入場前から気分は上々です。
aeba699a.jpg



球場正面入り口には各球団や関係ある企業からの祝いの酒樽が文字通り山となっていました。
037445e5.jpg



先発岡田は球威抜群、制球力不安定なところは石原のリードでピンチらしいものもなく淡々と回は進み、そして我らが主砲石原犠打で先制。守っても一番の球で三振を取る岡田にあったリード。
次の回は中崎かという8回であわやホームランという走者一掃の田中のタイムリーと今シーズンのカーブの強さのひとつ畳み掛ける攻撃で5点差に。
点差が広がり最終回はオスカル。打者でも下水流や西川を出したりとポストシーズン睨んだ余裕の采配で5-0で圧勝。

試合が終わるとスタンドからのそれゆけカープに囲まれるようにチャンピオンフラッグを持ちグランドを一周。
c2ed88b7.jpg

ホームベースに戻るころには丸が号泣しているのが見えました。dbab17b9.jpg


記念撮影した後は最後に小窪がその場で決めたという万歳三唱。
9af3f0f3.jpg


その時スコアボードが優勝を決めた日のものに変わってたんだけどあんまり気づいてなかったようです。
725b37e6.jpg



前回優勝の25年前なんて半ズボンで走り回ってたガキの頃ですよ。優勝して大して感慨なんてないと思ってたましたけど8回ぐらいから涙が止まらなくなりました。おめでとうそしてありがとう。カープが広島にいてくれてよかったですよ。

↑このページのトップヘ