昨年入札公告について書いたEKI CITY(広島駅前Cブロック)から愛宕跨線橋への接続橋設置工事が進み、踏切周辺に鋼鉄製の橋脚が姿を現しています。

IMG_3728

IMG_3719

跨線橋とEKI CITYとの間には3本の橋脚が設置される計画ですが既に踏切に近い2本は設置が終わり、現在は3本目の橋脚の設置が準備されています。またEKI CITY の地上部には踏切跨線橋に接続される橋桁が既に置かれています。
IMG_3734

IMG_3718

新しい橋との接続スペースを確保するために愛宕跨線橋は階段が外され、エレベーターのみの運用となっています。外された階段は後日位置ずらして設置される様です。
2


当初は広島駅ビルからEKI CITY2階を通り新球場のスロープ手前までペデストリアンデッキで接続する構想でしたが紆余曲折があり大幅な計画の遅延と変更の結果、愛宕踏切を越えた部分までが高架橋でそれ以東はJRの旧宇品線用地を使い歩道を拡幅する案で落ち着きました。市の発表ではカープロード沿線に飲食店等が相次ぎ賑わいが生まれていることに配慮してほしいという地元社協の要望などに配慮となっています。しかし基本設計までは進んでいたことを考えるとJR敷地内の埋設物の移動や荒神陸橋との交差部をどう処理するか等の課題、さらには費用対効果を考えて現行案に落ち着いたものと考えるのが妥当でしょう。
IMG_3329 2

余談ですがこの接続橋の請負金額が4億円近いのは橋桁などの90トンを超える橋桁などの製作が含まれているからです。入札業者がJR西日本グループの広成建設1社だけなのは軌道に近い工事というだけでなく鉄橋製作に長けていることも一因と思います。
3