フガドコ

広島見るもの歩くとこ

2019年03月

江田島にせっかく遊びに来たのだからお昼は島で採れた海産物を食べたいと思うのは自然なことです。しかし島には意外にそういう店は少なくて、お昼に魚を食べようとすると漁協のお刺身定食のお世話になることが多いのですが一昨年に中町港から歩いて行ける場所に地元海産物が楽しめる店がオープンしました。


それが能美の津田酒造近くの Shirasuya E's です。この店は基本はバーで夜がメインなのですが平日が14時から週末は12時からという変則的な時間ですがランチが楽します。
IMG_4757


店を切り盛りしてるのは地元出身の実の姉妹。二人の実家の水産会社の海産物や江田島の農産物を使った料理を提供しています。昼夜共通のメニューにはシラスや牡蠣のピザやラーメンもまでありますが、今回は初めてなので一番の売りのシラス丼を頼みました。
IMG_4754

島で採れたたっぷりのシラスの上から同じく江田島の濱口醤油の出汁醤油をかけて食べる。基本は釜揚げのしらすですがシーズンには生しらすも食べられます。いい素材を惜しげも無くたっぷり使ってあって味も量も満足です。
魚も肉も地元産品を使ったメニューは多いですし、バーなのでお酒の種類も豊富です。港からも近いですので昼酒してから船で帰るというのもいいですね。



Shirasuya E's

住所   :江田島市能美町中町4941-1
電話   :090-2801-4409
営業時間 :月水木金 14時~0時
      土日祝  12時〜0時
定休日  :第1月曜日、毎週火曜日
駐車場  :向かい側にあり。

3月21日、広島が建設を進めてきた平和大橋北側の歩道橋が開通しました。
DSC07293

平和大橋は南北にそれぞれ車道との間を縁石で区切られた歩道がありますが幅が約2mと狭く通勤通学など日常的に利用する市民や観光客などの増加する歩行者だけでも混雑している上に自転車も通る為に常に接触の危険がありました。

耐震診断の結果、阪神・淡路大震災クラスの地震では落橋の可能性があることが判明したことなどから広島市は平和大橋自体の架け替えも検討しましたが巨額の費用が掛かることなどから断念し歩道橋の整備を計画を進めました。

平成20年に国際コンペを開き国内外29社が応じ最優秀案を決め順調に計画が進む様に見えましたがこの直後に就任した松井市長は東詰交差点の市道廃止に地元住民が反対していることを理由にコンペの結果を破棄し白紙に戻しました。広島市は再度歩道橋の計画を立て平成26年度に建設に着手しこの度の開通となりました。
DSC07288

コンペ時の条件では将来的な平和大橋の架け替えに対応できる様に大橋と歩道橋の間は15m程度離す事になっていましたが新たな計画ではイサム・ノグチの欄干に直に触れられるまで平和大橋に近接させています。新計画案のデザインはノグチのデザインした欄干を引き立てる様に歩道橋の欄干はガラスで橋自体も床面が平和大橋より低くなっています。この設計は入札状況やデザインアドバイザー会議の資料などから推測すると市の基本計画を元に委託業社が設計を進めたと思われます。その為か欄干なども既製品ベースとなっています。
DSC07279

また建設費用はコンペ時の条件では6億円以内となっていたものが報道によれば最終的に倍以上の13億円となっています。また結果として無駄になったコンペに4300万円を投じています。

新たな歩道橋は歩道部分が5.7mと既存の歩の3倍近い幅を有し歩行者と自転車の通行帯で舗装を変えています。境目には照明を埋め込み夜間でも区別しやすい様に配慮をしています。歩道橋新設に伴い平和大橋北側の歩道は廃止され1mほど車道の拡幅に使われ、残った部分は管理道となります。これにより従来は片側2車線に必要な幅がない状態で車が並走していた状態が解消され、新たに車線境界線が引かれます。この工事は夏ごろまでに行われる予定です。

DSC07270

新しい歩道橋では道路交通法に基づき車道側、つまり平和大橋のイサム・ノグチの欄干に近い方に自転車レーンが設置されています。基本的なコンセプトはノグチの欄干に触れられることです。一応欄干と自転レーンの間にはガタガタのブロックを敷き詰めたり間にレーンの境界を示す照明を埋め込んだりと自転車が進入しにくい様にはしていますが歩行者と自転車双方が相手に対しての意識を持たないと接触の危険性は高いと思われます。自転車レーンへの誘導表示が小さく目立た点も気になりますので早々の改善が望まれます。

↑このページのトップヘ