平成25年7月19日、国の文化審議会は登録有形文化財に、大正10年建築の「日新林業加計出張所(旧広島銀行加計支店)」を登録するよう文部科学相に答申しました。

ffae3c0b.jpg



日新林業加計出張所は旧加計銀行として建てられ、統合や行名変更で芸備銀行加計支店、広島銀行加計支店としても営業していた。木造平屋建てだが、正面と側面の窓と高窓の間に庇がつけられているため2階建てに見えるユニークな建造物となっている。2013/07/27 MSN産経ニュースより


登録有形文化財は戦後急激な都市化等により近世末期・近代以降の建築が破壊される事例が相次いだ為に1996年の文化財保護法改正により従来の文化財「指定」制度に追加されたものです。従来の重要なものを厳選し強い規制と手厚い保護を行う「指定」制度と違いよりも緩やかに活用しながら保存すること制度です。建築後50年以上経過した建造物のうち地域に親しまれていたもの、地域の特色を残すもの、技術やデザインなど現代では再現することが難しいものなどが対象になります。

日新林業加計出張所は大正10年に加計銀行として建てられ、その後芸備銀行加計支店、広島銀行加計支店となりました。木造平屋ですが正面と側面に庇と窓をつけて,厨子2階建の町家風に見せています。屋根は寄棟造桟瓦葺で,出桁造の軒まで塗籠ています。。内部は吹き抜けとなっており庇上の窓は明り取りの高窓となっています。正面腰のタイル貼は昭和41年の改修で貼られたものですが,側面と背面に旧い腰壁竪板張が残っています。

36d0fbfc.jpg

「広島県教育委員会 NEWS RELEASE」より

今回の登録有形文化財登録により安芸太田町では以前取り上げた旧筒賀村役場庁舎(現安芸太田町役場筒賀出張所)に続き2件目となります。

・名称  : 日新林業加計出張所(旧加計銀行)
・所在地 :  広島県山県郡安芸太田町大字加計3340
・竣工  : 大正10年(昭和41年改修)
・規模  : 平屋建
・構造  : 木造(土蔵造り)


大きな地図で見る