フガドコ

広島見るもの歩くとこ

サッカー

サンフレッチ広島のホームスタジオ、エディオンスタジアム広島(以下エディスタ)のメインスタンドのベンチシートの個席化改修が広島市によって進められています。


Mainst


現在J1リーグで2位の位置にいるサンフレッチェはACL出場が有力視されていますがACL2018規約では「個別席を5000席以上設置すること(2017規約では30cm以上の背もたれを持つ個別席を5000席以上)」がグループリーグ開催スタジアムの条件となっていてます。しかしエディスタでこの規約に適応するのはメインスタンドの中央部SS席1942席のみでこのままではACL開催はできません。そこで広島市はその対応としてシーズンオフを利用して二期に分ける形でベンチシートの個別席化を計画しました。今オフではSA席4073席が個別席化され計6015席が背もたれ付き個別席となります。

スクリーンショット 2018-09-30 23.25.25


個別席ではベンチシートよりも一人当たりの横幅が広くなりますのでSA席は5061席から4073席へと988席の減少となります。座席の幅はほぼ同等ですが奥行きは520mmと450mmで既存のSS席の方が70mmほど深くなっています。
9月13日に開札された入札ではシートメーカーであるコトブキシーティングが7200万円で落札しました。入札仕様書によれば現場工事はJリーグ最終戦後の11月25日からACL開幕前の2月15日までとなっています。
スクリーンショット 2018-09-30 23.28.16

今回のシート改修にあたってはコトブキシーティングのBLMー1500が採用されました。これはマツダスタジアムや吹田スタジアムで採用されている跳ね上げ式のシートに比べて定価ベースで約半値のクラスになります。メーカーとしてはコンパクトで狭いスペースでも個別席化出来ることを利点としてますので今回のようなベンチシートからなるべく席数を減らさずに個別席化したい場合には最適な商品でしょう。メーカとしてはドリンクホルダーや肘掛など様々なオプションを用意していますが広島市の仕様書を見る限りではドリンクホルダーなどは設置されないようです。

スクリーンショット 2018-09-30 21.36.36

今年1月のサポーターズカンファレンスでは2年かけて5000席を個別席にするということですが今回の入札では1年で6000席が個別席となります。また個別席化に併せて通路階段の防水シートの張り替え(塗り替え?)を行うとなっていますが今回は含まれていません。この辺りのことは不明です。エディスタ全体を個別席化しようとすれば今回と同じ仕様でもざっと3億円かかり全てを個別席化する可能性は低いと思われます。
またACLでは座席番号の振られた個別席しか使用が認めれてない為スタジアム全体でメインスタンドの6000席しか観客を入れることができずゴール裏やバックスタンドは無観客となる可能性が大きいです。実際にACL2018では等々力や日立柏ではゴール裏が閉鎖されました。



 全くの余談ですが現在広島市や県が進めているサッカースタジアム検討ではSS席からゴール裏まで座席を跳ね上げ式のBLM-8000を単価40000円で30000席つまり椅子だけで12億円で試算しています。今回市がACL対応として採用したBLM-1500は工事費費込みで7200万で4000席、1席あたり18000です。これが3000席だと5億4千万です。跳ね上げ式は清掃人工が有利でランニングコスト削減に役立つという利点もありますし、SS席などは奥行きも幅も余裕のある跳ね上げ式にするとしてもちょっと試算が雑かなと思います。 

サンフレッチェ広島のホームスタジアムであるエディオンスタジアム(広島広域公園陸上競技場)のトイレ洋式化業務が入札公示されています。

エディオンスタジアムはクラブライセンス判定において洋式トイレの数と屋根のカバー率がB等級を充たしておらずJリーグより抜本的な改善計画の提出などの制裁が科せられています。

トイレ洋式化は新スタジアム建設への道筋が見えぬ中で当面の措置としての現ホームスタジアム改修の一環です。
スクリーンショット 2018-05-25 1.39.17
スクリーンショット 2018-05-25 1.39.30

改修工事はスタジアムの利用に支障が少なくなうよう複数回に分けて行われ、今回はメインスタンドの男女トイレ大便器の約半数を洋式化します。工期はJリーグのW杯中断期間を利用した7/27までとなっています。

仕様書によれば便器の交換、現在内開きの扉をそのままでは便器にぶつかるので外開きに変更が主な工事内容となっています。動線や照明などは手をつけないようです。使用する便器はTOTOのコンパクトタイプのCFS497BMC、便座がTC301となっています。既存の個室でも設置出来るコンパクトさが採用の一因のようですがそれでも一部の個室については斜めに設置することになっています。またタンクのないフラッシュタンク式を採用し従来のものより約半分、1980-2005年の機種に比べ約1/3の水使用量で済むようになっています。さらには20秒で連続洗浄できるため混雑緩和が期待できます。
 
IMG_8658
                                     TOTOサイトより

ウォシュレットや温熱便座は今回は見送られています。ウォシュレットは水圧式もありますが温熱便座はどうしても電源の新設が必要なので予算上もやむを得ないでしょう。
今回の工事の入札予定価は1371万円、今回の改修台数は36台ですので1台あたりですと約38万円です。

今年度トイレ改修に計上された予算は4910万円、今回の入札と同様に計算すると約130台が洋式されることになります。クラブライセンスが求める洋式大便器の数は1000人に5台以上となっていますのでエディオンスタジアム収容人数35000人で考えると175台の洋式化が必要です。満員の60%をとするいわゆる60%ルールを適用すると105台の改修でライセンスはクリアします。広島市が満員と60%ルールの中間の台数にしたのは恐らくはこの約130台という数がエディオンスタジアムの大便器の数なのではないでしょうか。だとすれば今の基準からするとトイレの数自体が不足しているということになります。サッカー以外のライブなどでもトイレの数が少ないという声は聞こえてきます。今回の改修でとりあえずトイレに関してはB等級をクリアし制裁は無くなりますが手つかずの屋根を含め根本的な対策を講じる必要があると考えます。






11/16付の中国新聞山口総合面にサッカー日本代表FW久保裕也選手の母校山口市鴻南中学校が国際サッカー連盟(FIFA)からの分配金でサッカーやバスケットのボール、サッカー用ミニゴールなどを購入した記事が掲載されています。

この分配金は移籍選手を育てたクラブへの還元を目的とした「連帯貢献金制度」に基づき、プロ選手が国際移籍した場合に移籍先クラブは移籍金の5%相当額を選手が12〜23歳に所属したクラブに在籍期間に応じて分配、今回は久保がスイス・ヤングボーイズからベルギー・ヘントへ移籍した際の分配金で移籍金は推定350万ユーロ(約4億2000万円)です。
jpg-large
2001年、FIFAは、国際移籍をするような優秀な選手を育てたクラブ(12歳-23歳在籍チーム)が、その対価を得られる制度として「連帯貢献金」を定めた[3]。選手が国際移籍をした場合に、移籍金の5%が連帯貢献金となる。12-15歳まで所属したクラブは1年当たり移籍金の0.25%、16-23歳までのクラブは0.5%を、移籍先に請求することができる(育成したクラブの申告制)。
(中略)
連帯貢献金は前述の通り、権利のあるクラブが自ら請求しないと支払われない。また、基本的には書類は英語で作成する必要がある。 Wikipediaより
日本人選手では岡崎慎司が2015年にドイツ・ブンデスリーグ1部 1.FSVマインツからイングランド・プレミアリーグ レスターシティFC に推定1100万ユーロ(約13億2000万円)の移籍金で移籍した際に宝塚ジュニアフットボールクラブ、滝川第二高校、清水エスパルスにそれぞれ1320万、1980万、3300万円が分配されました。

広島広域公園陸上競技場の大型映像装置が更新業務が広島市から入札公示されています。
e126659c.jpg


現在は故障した大型映像装置の前に仮設装置が設置されているために3Dや任天堂3DSなどサポーター達から揶揄されていますが入札仕様書によれば今回は既設の建屋へ組み込み画面も一回り大きい475インチ(現在380インチ)となります。ただし本格的な設備更新というわけではなくレンタル扱いとなります。
121f27cb.jpg


これは故障した装置が製造終了から相当の時間が経過しまた製造者であるPanasonicがこの分野から撤退して補修部品の入手が困難なこと、故障した映像装置は4:3のSDであり現在主流の16:9のHDのものに更新するには建屋や送出系にも手を加えないといけないこと、大型映像装置を主に使うサンフレッチェがサカスタ検討委員会の出す結論によってはホームグラウンドを変更する可能性があること等を考慮すると妥当な判断だと思います。
2bd7d2c9.jpg

また首都圏では映像装置のリプレースで撤去された映像装置が中古で出回っている為に入手が比較的容易であるという事情もあります。この為に今回の入札では使用できれば中古品でも構わないことになっています。

今回の映像装置のレンタル料は平成27年3月までで 22,983,000円の予定価(昨年度は1,417万5千円)となっていて昨年より相当高いのですが、画面が人回り大きくなることとスタンドに組まれた足場がなくなり観戦しやすくなることを考えれば妥当なところではないでしょうか。ひとつ気になるのが今年はW杯の中断期間中に更新することができますが次回は年度末3月のシーズン中の更新となることです。広島市はホームゲームの試合に被らないようにして頂きたいです。

6月27日の広島県議会でサッカースタジアムに関する大変興味深い答弁が行われました。

質問をしたのは安佐南区選出の公明党広島県議団幹事長でもある栗原俊二議員です。

栗原県議は民間の調査会社に依頼し県内の20~69歳の男女1261人を対象にアンケートを実地しました。
今回の調査ではサッカースタジアムに関心がある人とそうでない人とが拮抗しているという結果が出ました。
9aa08cb0.jpg


栗原県議はスタジアムの建設を進める検討委員会が始まったものの関心のない県民も多いというアンケート結果が出たために県がサッカースタジアムに対してどのような姿勢で臨むかを質しました。

栗原県議
「サッカースタジアム検討にあたっては必ずしも建設を望んでいない人が相当数いるという認識から始め結論を導いていく必要があるが 今後の検討協議会をどの様に進めるのか」1c4693ff.jpg



地域政策局・梅木局長
「建設そのものの是非も含め幅広く議論してもらい行政や経済界に提案していただくこととしております」2e720474.jpg



この答弁からサカスタを推進する人々から「建設するための検討委なのに建設の是非から議論するのはおかしいのではないか」と指摘を受けていた検討委員会の進め方を県も支持しているいうことが分かりました。

またサッカースタジアム建設の是非についての問いには「どちらとも言えない」という浮動層がもっとも多いという結果が出ました。
7eda110c.jpg



この結果に対し栗原県議はスタジアム建設の機運が県内全域に広がってないと分析し、関心の薄い層に関心を持ってもらえるような取り組みの中身にしていかないといけないと思うとインタビューで答えています。87f0f658.jpg



7月にはサカスタ建設のための2回目の検討委員会が開かられる予定ですが県民の関心をどう高めるかも議論しないといけないのかもしれません。

↑このページのトップヘ