フガドコ

広島見るもの歩くとこ

食べたり飲んだり

広島県は周辺の県には古くからの温泉街が点在するにも関わらず良質な温泉が乏しいのですが、その理由は広島県一帯の地質は大部分が中生代に生成された花崗岩だからです。火山活動が収束してから時間が経って冷え切っているので地中の浅い場所に高温の熱脈がありません。よって高温の自噴泉がないのです。ただ、最近では沿岸部では高深度のボーリングで高温で豊かな泉質の温泉も誕生してます。それらの中には豊富な湯量で加熱なしの掛け流しの温泉もあります。
IMG_3530

さて、そんな中で2020年の8月にオープンのしたのが安芸太田町加計の月ヶ瀬温泉です。
旧町役場前の元旅館を地域の賑わいと福祉充実の拠点として日帰り温泉と飲食店、地元産品の販売コーナーとして公益社団法人青年海外協力協会(JOCA)と国と町が費用負担して整備し、運営はJOCAが行います。
IMG_3528

温泉は内湯も露天風呂もこじんまりとして数人ぐらいが適量の小さなものですが、入浴料も450円と銭湯に近い地元の人が積極的に通う気になる金額です。

温泉の泉質は単純アルカリということで広島に多いラドン系ではなく長門方面の温泉に多い成分な様です。浴場からサッシを開けると露天風呂に行けますが狭い上に囲われてるので見えるの空だけです。午後9時までやってますから星空見ながらのんびり入浴というのにはいいと思います。

運営が青年海外協力協会という事で併設の食堂ではヒマラヤで育ったブータン蕎麦が堪能出来ます。日本の蕎麦との違いはよく分かりませんでしたが太めの蕎麦と出汁の濃い麺つゆにはよくあっていたと思います。
 
IMG_3523

日帰り温泉にも関わらず一通りお酒が有るのはここが地域コミュニティの交流場所としての役割もあるからのでしょう。
IMG_3521

駐車場は旧可部線加計駅跡の月ヶ瀬公園の駐車場を利用します。旧役場側の道路にも入り口があるのですがこちらは地元の方メインで外からのお客用の玄関は公園側になる様です。


「紅茶が飲みたいネー」と言うことで江田島は切串港そばにオープンした英国アンティーク&軽食の店THE OLD ENGLISHへ行ってきました。

店の場所は切串港のフェリー乗り場から駐車場を挟んで反対側、歩いても1分かかるかかからないかの距離です。
IMG_0892


イングランド出身のご主人がカウンター内で調理し、江田島出身の奥さんが接客と会計を担当します。

営業日は金・土・日曜日と祝日、営業時間は11時半から夕方までです。

店内はテーブル椅子も含めて英国(とそれ以外も)アンティーク家具で埋まり食事をするのも年代物のテーブルセット。こちらがご主人の本業との事でそれ故に週末のみの営業です。

スコーン以外にもサンドイッチやジャケットポテトにパスティもあるのでランチとしてもお腹はそこそこ膨れます。
IMG_0891

ご主人は自転車乗りらしくサイクルラックも用意されてますし、フェリーの待ち時間潰すにはちょうどいんじゃないでしょうか。

榎町の電車通りより1本西側の通りは小さめの飲食店が立ち並びます。この通りの北端近くに1月下旬に洋食小さこという店がオープンしました。
 

小さこ2

入り口近くの看板は控えめなのに交差点に面した壁には大きく店名が描かれていたりカウンターにSANYOのネタケースがはめ込まれていたりと居酒屋の居抜きを思わせる店に入ると老シェフと若い女性の2人が出迎えてくれます。最初は親子かなと思ったのですが言葉遣いや仕事の姿に違和感を感じました。あとでネットを見てみますと三川町にあった芦田川のシェフとお弟子さんのお店とあり納得しました。お弟子さんの方が店主でお店を開くに当たり老師匠が再度厨房に立つことになったようです。テーブルに並ぶ盆や箸がどことなく柔らかげな形のものを選んでるのもそのせいかもしれません。


席はカウンターに5席、あとはテーブルが数台です。
カウンター席に座りハンバーグ定食をお願いしました。ネタケースとカウンター上のお椀などで厨房内はよくは見えませんでしたが1人分を手間を惜しまずつくられてる様子。フライパンも作り終えるとすぐに洗う。リズムのよい調理の音が聞いていて気持ちいいです。

小さこ1

ハンバーグはぱっと見は平凡だけど仕事のひとつひとつが丁寧。いい仕事の洋食屋さんってこんなんだよねという思い。サラダにハンバーグにも付け合わせの野菜もと野菜が多めなのも嬉しいです。量も大食らいな方の僕でも満足できます、小食の人はご飯を控え目にしてもらうといいでしょう。目の前のケースにあった衣もいい仕事の様に思えたので次はトンカツを頼んでみようかなと今から楽しみです。


後日、夜営業にもいってみました。オードブルやスープなどのメニューもありますが周りを見てみると肉か魚のメインとご飯とのセットで食べられている人が多かったので同じ様にサーモンのムニエルとご飯セットにしました。この組み合わせだとサラダや味噌汁に漬物などがつきます。飲み物以外で2000円前後。お酒は日本酒がありましたので熱燗を頼んで冷ましながらのんびりと頂きました。



洋食 小さこ

住所   :広島市中区榎町2−3 ソレイユ小田1階
電話   :082−942−6066
営業時間 :ランチ  11時~15時
      ディナー 17時〜22時
定休日  :不定休

江田島にせっかく遊びに来たのだからお昼は島で採れた海産物を食べたいと思うのは自然なことです。しかし島には意外にそういう店は少なくて、お昼に魚を食べようとすると漁協のお刺身定食のお世話になることが多いのですが一昨年に中町港から歩いて行ける場所に地元海産物が楽しめる店がオープンしました。


それが能美の津田酒造近くの Shirasuya E's です。この店は基本はバーで夜がメインなのですが平日が14時から週末は12時からという変則的な時間ですがランチが楽します。
IMG_4757


店を切り盛りしてるのは地元出身の実の姉妹。二人の実家の水産会社の海産物や江田島の農産物を使った料理を提供しています。昼夜共通のメニューにはシラスや牡蠣のピザやラーメンもまでありますが、今回は初めてなので一番の売りのシラス丼を頼みました。
IMG_4754

島で採れたたっぷりのシラスの上から同じく江田島の濱口醤油の出汁醤油をかけて食べる。基本は釜揚げのしらすですがシーズンには生しらすも食べられます。いい素材を惜しげも無くたっぷり使ってあって味も量も満足です。
魚も肉も地元産品を使ったメニューは多いですし、バーなのでお酒の種類も豊富です。港からも近いですので昼酒してから船で帰るというのもいいですね。



Shirasuya E's

住所   :江田島市能美町中町4941-1
電話   :090-2801-4409
営業時間 :月水木金 14時~0時
      土日祝  12時〜0時
定休日  :第1月曜日、毎週火曜日
駐車場  :向かい側にあり。

広島駅に近い駅西地区で老店主の喫茶店が今年になり静かに営みを終えました。

しばらくして改装業者が入り緑の外壁の落ち着いた酒場になりました。

店の看板には「酒場 Shoebill」とあります。Shobillとはくちばしの太いペリカンの仲間でこの店のシンボルマークにもなっています。

IMG_1894s

店に灯がともりはじめて何日かして丸く光るハシビロコウのシルエットに誘われて中に入ってみるとカウンターや棚など古い喫茶店の内装を極力生かした落ち着いた造りです。業態としては洋酒がメインのバー。話好きな女性店主は予約制の美容院が本業で飲食は未経験とのこと。
IMG_1905s

タイル張りのカウンターでゆったりとした椅子に座り音楽を聴きながら静かに酒が飲めるのは賑やかな店が多い駅西には貴重な店です。この日のつまみのチーズはピノさん。たまには外の喧騒とは切り離され落ち着いたこんな店もいいかな。

IMG_1898s



酒場 Shoebill
住所   広島市南区大須賀11−10
営業時間 19:00−24:00 
定休日  日・祝 

↑このページのトップヘ