フガドコ

広島見るもの歩くとこ

市民球場

12月18日に行われた第7回サッカースタジアム検討協議会の傍聴に行ってきました。
44a67930.jpg


今回の協議会会場はサンフレッチェのホームスタジオである広域公園陸上競技場。協議会の開催に先立ち10人の委員を競技場の視察し、スタンドを覆う屋根の少なさの説明を受けたり実際にフィールドに降り立ち、さいたまスタジアムのスタンドを再現した陸上の審判台に昇りピッチへの近さを体験していました。320dbc89.jpg



今回の協議会の議題は広島に相応しいサッカースタジアムについて(広島市に存在する主な大規模用地等に関わるビジョン、法的制約等)各候補地ごとに委員から出た各種制約に関する質問について行政の担当者から回答するという形で協議会は進んでいきました。

協議会の中で前回7つに絞り込んだ候補地から県営総合グランドと出島東第2野積み場を外し今後5つのの候補地で議論することが決まりました。

以下が今回の協議会の議論の主たるものとなった質問と回答、それに対する委員の意見です。各候補地に質問自体の書き方・順番は配布資料のままですが、あまり関係ないと思われるものは質問ごと削除しています。

「中央公園自由広場・芝生広場等」「旧広島市民球場跡地」
1)公園の建設面積要件について、当該のスタジアム建設の場合、全屋根架け施設でない限り、施設全体を建築面積としてカウントされないと考えられるるがどうか。→屋根のない部分は建築面積には含まれないのでピッチ部分は建築面積に含まれない。屋根のないスタンドはスタンド自体が屋根となる為に建築面積に含まれる。
2)球場跡地に建設する場合の日影規制について、同じ中央公園内の総合体育館部分への制限はあるのか。→県立体育館のある敷地とと球場跡地とは一体化した公園敷地と考えるので県立体育館に対する日陰は制約にはならない。  
3)ハノーバー庭園北側道路の建築基準法上の取り扱いはどうなるのか。→公園内通路として扱う。
4)球場跡地に建設する場合の建設敷地は、中央公園全体で考えるのか、個別敷地を設定するのか。※運動施設の敷地面積の規制(都市公園法)公園の敷地面積の50%以内。→中央公園全体で考える。
5)当地域に適用される美観形成基準等における原爆ドーム周辺にふさわしい景観の具体的イメージとは?また、球場を設置したばあいにも求められる景観は維持できますか。→建設が具体的になってから担当部所と調整をする。スタジアムが駄目というわけではない。
6)美観形成要綱について景観軸への配慮とあるが、条例で高さ制限により既に配慮されているのではないか。具体的にどのような配慮を想定しているのか。→原爆ドームや慰霊碑から見たときに樹木の間から見える色彩などを想定している。
7)美観形成要綱に関し、完全な法的制限ではないと解釈してよいか。→あくまでもお願いするもの。
実際には建築計画の届け出の受理の拒否などで強制力があるし、建設主体が行政の場合はこの要綱に反するものを自ら建設することは考えにくいです。

8)都市公園法による規制、20~25mの高さ制限、建築設置区域の制限などがあるなかで、球場設置を考えた場合、全て着席方式で、Jリー基準を前提として、どの程度の収容人員の球場が設置可能ですか。→ハノーバー庭園や武道場を含まない球場跡地で2万から2万5千人を想定している。具体的な数はJリーグ観衆の詳細設計をしてみないと分からない。ユアテックスタジアムのある仙台市に聞いてみたがJリーグが施設への要求は非常に厳しい。盛り込むものが増えれば収容人数は減る。次にスタンドの傾斜をどうするかということがある。見やすいように傾斜を急にすれば収容人数は減るし、緩やかにすれば収容人数は増えるが見にくくなる。この辺は例えばゴール裏の座席の前後間隔を基準の80㎝を75㎝にしたり試合中ずっと立ちっぱなしなので座席の背もたれをなくするなどの変更が可能であれば収容人数は増える。また芝生の養生の問題がある。球場跡地は東西をビルが塞いでいる為に風が南北方向にしか抜けない。南北に風の通る開口部をどれだけの高さで取るかで収容人数は変わる。さらに観客の滞留スペースが求められるスタジアム基準では収容人数の2割~3割分のスペースが必要とされている。
9)国有財産法に基づく借り上げ料に関し、使用者側が1日当たり、およそ115万円の借り上げ料を必要としたと考えたのでよいか。→だいたい正しいが様々な要件があり正確なものは現時点では算出できない。
10)現在、跡地では様々なイベントが開催されていますが、その開催頻度・機関、集客状況、来場者の反応、今後のイベント開催予定等を教えてください。→今年開催されたのが「ひろしま菓子博」80万7千人/4週間、「消防技術大会」2万人/1日、「オクトーバーフェスト」12万8千人/11日、「ひろフェス」1万人/2日、「てっぱんグランプリ」1万9千人/2日、「サンフレチェPV」3千5百人/1日、「サンフレッチェ優勝報告会」1万3千人/1日。来年の開催予定はオファーは20件ほど来ているが詳細は公表できない。

小谷野委員 
現在EDスタジアムでの1試合当たり200万~300万の費用がかかっている。今年なら21試合で5千万。事務所をスタジアム内に置くことや前日練習を考えるとカープ(の国有地利用料)と同じくらい払えるのではないか。他にも警備の合理化もあるので払えるだろう。国際試合があるので動線の確保、報道関係のスペースやマッチコミッショナーのスペースなどが求められている。諸機能をどう入れるかが大事。
スタジアムについて様々な建築士がプランを持ち込んでいる。それによれば武道場とハノーバー庭園を潰さないと2万5千人、武道場をハノーバー庭園を潰すと3万人収容できる。
塚井委員
交通は自分の専門。アクセスは2段階で考えないといけない。EDスタは交通アクセスは悪いがスタジアム周辺のスペースは十分にあった。跡地は逆で滞留スペースに問題がある。人の流れと交通アクセスの両方を専門の検討をすべき。

「広島みなと公園」「出島東第2野積み場等」
1)当公園は大規模災害時の防災拠点となっており、球場設置時には防災拠点移転等の調整は可能ですか。
→資料参照。78c2a9f9.jpg


みなと公園の敷地面積10ha中9haが緊急物資輸送拠点として必要であり、その場所は海上から物資を荷揚げする為に港湾施設に近接した宇品・出島で確保の必要がある。
2)適性化に関する補助金の返還が生じるが、その額は如何ほどで、それはだれが負担することになるのですか。→施設の全体整備に対して交付された補助金は15億円で全体を使用するのであれば全額返還が必要となり、それは建築主体が支払うものとなる。
3)土地利用変更の場合に必要となる補助金の返還額はどの程度ですか。→最大数億円。
4)海面に構造物を建設する場合における港湾法、公有水面埋立法等への手続きに要する期間、難易度は?→(土地の奥行きが100mしかなくスタジアム建設は海面に張り出す必要がある)第2野積み場は宇品内港に面して船舶の往来への影響が大きいため前面海域に構造物建設は難しい。法的手続きは数年単位が必要

山根副会長 
スタジアムが防災拠点となれば代替地、用途変更は不要とならないか
→具体的な話になれば一部は可能であろう。

「広島西飛行場跡地」「広島県総合グランド」
1)進入路下に整備されることから、大型集客施設の安全性ヘリによる騒音対策を考慮すると、ヘリポートの移転ということが想定されると思うが、その点における県としての考えがあれば、出してほしい。→ヘリポートには高さ制限を伴う空域制限が必要なために外部への移転は難しい。
2)現運動施設は都市公園法による敷地面積の規制を超過していますが、新球場を設置する場合、規制緩和を得られる可能性はありますか。→特例はない。よって規制が緩和する可能性はない。
3)また規制値を前提として球場を設置する場合、現在の総合グランドが保有している機能との調整(他施設の廃止等)は可能ですか。→年間30万人が利用している。施設の廃止は考えていない。代替施設の整備も困難と考える。

加藤厚(?)委員
試合中のヘリの騒音はどうなのか。騒音で選手やレフェリーの声が聞こえないようなことがるのはよくない。
小谷野委員
ヘリが墜落したらどうするJリーグは緊急時の対応マニュアルを求める。墜落時の対応をJリーグと協議して整備しなければならない。プロが使うスタジアムが飛行場やヘリポートの例はないだろう。
味の素スタジアムは調布飛行場に隣接
b2ad5df3.jpg



「広島広域公園」
1)「国際的・全国的なスポーツ大会など集客力のあるソフトを誘致、開催し、スポーツ・rクリエーションの振興を図る」とされていますが、これは現存する施設で今後も行えると考えていますか。それとも施設改修・増築などや新たな機能の付加が必要と考えていますか。→陸上としては現状で国際大会の開催が可能であるが補助競技場のストレート部分を6レーンから8レーンに2017年3月31日までに改修しないといけない。これは計画的に改修をする。Jリーグのクラブライセンスは現状では適合している。照度が足らなかった証明は2012年度に改善している。
2)同時に、アクセス改善として今後の計画(あるいは検討の余地)はありますか。(五日市ICよりの直結アクセス道路を新設する、アストラムの支線を開業する、駐車場の新設など)
→現時点では具体的な計画はない。しかし大塚駅交差点の改良工事により渋滞は緩和し今年の工事に着手した環状線梶家南工区が完成すれば五日市ICから五月丘入り口交差点までの渋滞の改善が見込まれる。
この他にも沼田スマートICも着手予定。
37e4842d.jpg


3)アストラムを仮に西広島駅まで延伸した場合、西広島駅よろ広域公園前駅までの所要時間や輸送力はどの程度となりますか。
→市議会で説明した単線では西広島から広域公園まで15分、1時間あたり最大2,600人の試算となる。
4)西風新都内幹線道路の優先整備区間の整備を実施した場合、現在の大塚交差点~五月が丘交差点の慢性的な渋滞はどの程度解消されると予測されていますか。→現在五日市IC北で4万台/1日が3万台/1日になり、渋滞は解消すると予測している。

各候補地についての質疑が終わり各委員からの自由発言に移ります。
発言者不明
広域公園のナショナルトレセン化についてだがナショナルトレセンはJOCの選手専用で広域公園は市民が利用する施設。そこをどう調整するか。
小谷野委員
トレセンは西飛行場跡地でもそういう動きがある。三次も動いている。いろいろなところに色いろいろな話がある。
鵺野委員
コカコーラは独自に女子ホッケーの練習場を造りこれがトレセンとなっている。宿泊施設は工業大学の沼田キャンパスを借りている。これを男子も使いたいと言ってきている。今はトレーニング施設が求められている。
各候補地についての話が終了し各委員が全体的な発言
山根委員
総合グランド・出島東は外していいのではないか。
永田委員
みなと公園は15億返還は現実的ではないので候補から外すべきだ。EDスタのJリーグ適合改修試算を出すべき。また候補地の現地の住民の話を聞くべき。他のスタジアムの視察やインフラや経済波及効果試算のコンサル費用をつける必要がある。
川平委員
出島・総合グランドの除外に賛成。みなと公園は条件をみてからの判断でいいと思う。
高木委員
永田委員の意見に賛同します。市民の意見をもっと聞くべき。スタジアム建設が広島市の発展につながることを強調して同意を得るような仕組みが必要。検討委員会では意見に対する反論がない。ざっくばらんな意見の出し合いが必要。説明で終わっている。
三浦会長
出島東と総合グランドを外す。既に各候補地におけるスタジアムのたたき台を個人的に日本政策投資銀行に依頼をしている。それをもとに議論を深めたい。
小谷野委員
ガンバ大阪の新スタジアムの担当者をこの協議会に読んで話を聞きたい。
三浦会長
(ガンバ大阪の担当者からは)資金の話も聞いいてみたい。

今回は実際の観戦者の環境を体験するということで7人の委員が最寄りのアストラムライン広域公園駅より徒歩で会場入りしましたが、途中広域公園入口でホームスタジアム移転に反対する地元住民が待ち構えるというハプニングが起こりました。211008cf.jpg

地域の問題への取り組みが大変熱心なことは結構なことだと思いますが、この方達は委員と報道陣が通り過ぎるとそのまま解散し協議会の傍聴をされなかったのが不思議なところです。

この3連休で大阪・奈良と遊び歩いて来ました。主に美術館・博物館をまわったのですがそれ以外にどうしても見ておきたかった場所がありました。それがイベント広場「西梅田スクエア」。公式ページもあります。

大阪駅の近くにあるに広がる広場なのですがここは元々大阪中央郵便局があった場所です。旧大阪中央郵便局の建て替えの話が出た際に歴史的建築である旧ビルを保存の声がある中で取り壊しながらも経済情勢で高層ビル建設が3年間延期となりその間期間限定でイベント広場となったのです。

敷地の奥には郵便局の仮庁舎があります。イベント広場としてはステージ、トイレ、駐輪場に施錠できる門扉のある柵を設置しています。多くの人が行き交う大阪駅のすぐ横でありながら週末のイベントが無い時は通る人もまばらな状態。これを見て旧広島市民球場跡地のイベント広場を想像してしまうのは私だけでしょうか。

一応予定ではオフィスや商業施設が入居する新ビルを平成28年着工予定予定で早ければ31年のオープンということです。

3641e91d.jpg



DSC_1877_1185


9f0b1932.jpg



deb7bf93.jpg



8016b092.jpg



12c2fb63.jpg



サンフレッチェ広島・広島県サッカー協会・サンフレッチェ広島後援会の3者は5月26日に行われたスタジアムシンポジウムで広島県・市に対して要望していた複合型スタジアムの設置場所を旧広島市民球場跡地1本に絞り取り組んでいくことを発表しました。
 専用サッカー場は旧球場跡に
広島市内でのサッカー専用スタジアム建設を目指す広島県サッカー協会とJ1サンフレッチェ広島、同後援会は26日、旧広島市民球場跡地(中区)に3万人収容のスタジアム建設を想定して活動する方針を初めて示した。同市中区であったシンポジウムで発表した。

 サンフレの小谷野薫社長は「スタジアムは街づくりという議論をもっと活発化し、理解と賛同を得ることが重要」と強調。その上で街づくりの観点から「球場跡地を活用した、3万人規模のスタジアムが最も有効と考える」と説明した。

 3者は多機能複合型を理想に掲げており、球場跡地に建つスタジアムのイメージ図も公表。これを基に幅広く意見を募り、広島に合った機能を持つスタジアム像を具体化する考え。県協会の小城得達会長は「さまざまな意見を吸収しながら、議論を進めたい」と話した。

 3者は昨年8月に建設に向けた運動を本格化して以降、候補地を「市中心部」とだけ示していた。小谷野社長は「建設を希望する方々の意見をまとめて賛同の輪を広げるため、立場を明確にした」と意図を説明した。

 現段階で建設費などは詰めていないが、小谷野社長は「専門家の意見も聞きながら、経済効果なども含めて出せる情報は出していきたい」とした。3者はスタジアム建設に向けて昨年8月から署名活動を始め、現在約38万人分が集まっている。中国新聞ネット版 2013/05/27より転載

416beef3.jpg

サンフレッチェ公式HPより

これまで3者は「交通の便のいい市内中心部」ということで場所は明確にしていませんでしたがこのシンポジウム冒頭で小谷野社長の口から38万人のスタジアム署名のお礼とともに発表されました。

この後各地の事例紹介や現在のエディオンスタジアム(ビッグアーチ)の問題点などが発表されましたが
その中で新スタジアム案について出てきたのは主に次のものです。この中には図面上だけのものも含まれます。
1) 場所は旧広島市民球場跡地
2) 3万人規模
3) 跡地にかかる高さ制限をクリア
4) 2階部分デッキとして周辺への回遊性を持たせる
5) 都市公園から外れる商工会議所部を商業施設や事務所等が入れる複合施設とする
6) スタンド下は西・北側をスタジアム関係諸室とし使い東・南側をフリースペースとする
7) 西側メインスタンド3階部分に企業・ラウンジスペースを設ける
8) 南側は威圧感を与えないようにセットバックし前面を交通広場にする
61d63861.jpg


球場跡地にスタジアムを建設する際に問題となるのは併設する施設の種類と規模です。仮に周辺の文化施設の更新・統合を行うのであれば4階吹き抜けの青少年ホールなどもありスタンド下だけでは全く足りません。この点に関しては小谷野社長は翌27日の公式携帯サイトのインタビューの中で「正確に言えば、2万5000人~3万人。MAXで3万人。スタジアムデザインの過程で複合機能を強化するという方向性も出てくれば、2万5000人の規模も考えられます」と回答しています。

更に球場跡地再開発の障害として過去に跡地検討員会でも課題に上がっていた周辺の民間施設ですが今回は商工会議所を建て替えない場合のイメージも発表されました。7e17b272.jpg


しかしながら商工会議所よりもPL教団の方が移転のハードルが高い状況ですのでこの辺りの調整も必要です。

さてサカスタ候補地としては市内中心部ということでは中央公園も候補に上がっていて松井市長や久保会長も一時期関心を示していました。特に国際試合の開催を望む人達からは強い支持があったようですが私は中央公園の可能性は低いと考えます。広島市の現在の計画では基町市営住宅を修繕改修をしながらあと30年使うことになっています。仮に中央公園にサッカースタジアムを建設する場合は市営住宅を廃止する30年後の都市計画を策定しなければなりませんがその様な作業は短期間で出来るものではなく早期のスタジアム着工は不可能になります。交通の便でいいますと確かに中央公園近くにはJR新白島駅が建設中ですが公園と駅との間には市営住宅があり試合終了後に道からはみ出した駅に向かう大量の観客が市営住宅敷地に入り込んだり無断駐車をする可能性が高く住民から反対の声が上がることは容易に想像で出来ます。また周辺には民間の駐車場も乏しく結局紙屋町界隈に停めて歩くしかないのではないでしょうか。
8c2277d6.jpg

Wikipediaより
規模に関してもあるかないかも分からないあっても5年10年に1回程度の国際試合を想定した巨大なスタジアムを造り建設コストや管理運営コストで広島市やサンフレッチェの財政を圧迫するよりも広島という街やサンフレッチェの規模に合い街づくりに寄与するスタジアムがふさわしいと私は思います。

先日旧市民球場跡地横の青少年センターで開かれた「旧広島市民球場跡地委員会第3回検討グループ会議 」を傍聴してきました。この日はたまたま休日出勤の代休で普段なら平日休みは市内で昼酒でもしているんですがせっかくの機会ですので現地へ行って来ました。

会場前の受付で配布資料と「撮影録画録音配信は原則禁止、やりたきゃ委員長の許可を取れ」という注意書きを受け取ります。

会場で石橋市議を見つけ挨拶。よく見ると傍聴人の半数は知った顔だったりします(笑)

定刻きっちりに委員会は開始します。ちなみに検討グループ委員の顔ぶれは以下のとおりです。
山野井委員長 広島青年会議所前理事長
下村副座長   中央部商店街振興組合連合会理事長
山本委員    広島市文化協会副会長
芳我委員    日本旅行業協会中四国支部事務局長
棚多委員    広島観光コンベンションビューロー専務理事   
佐藤委員    中国地方総合研究センター地域計画研究部長
坂村委員    広島工業大学学生
小松委員    紙屋町2丁目町内会副会長
岡野委員    大手町1丁目町内会長
中村委員    市立大学講師(市立大学研究員今井委員代理)

会議の詳細については正式な議事録が出ていますのでここをご覧ください。ただ私の手元のメモを見ると幾つか抜けている発言があるようです。

以下はメモ書きを元に起こした個人的なまとめです。

冒頭で会議の進め方についての説明があります。現地を見ながら話した方がいいという意見が前回出たのでこの場所にした、今回は個々のアイデアの比較検討の前段階である事などが説明されます。

議題1検討の進め方及び評価の視点について 

7c59e3ce.jpg


棚多「多くの意見が出ているが全てを入れることは出来ないし、これれを全て評価していたら埒があかない。(先に)市内の未利用地に(検討委で出た)アイデアが適用出来ないか考えて残った物を球場に当てはめて検討できないか」
山野井「出てきた機能を市全体でどう分担できるか議論し、残った機能を諸条件などを加味して比較したい」


ここで事務局が市内未利用地の説明をしますが委員から批判が相次ぎます。

岡野「ここで4カ所の未利用地について議論するのか」
小松「紙屋町2丁目でこれをやらないといけねいということから始めるねきだ。そうしないと収拾がつかなくなる。地価の高い場所なので人が集まるものにすべきだというのが地元の意見だ。」
佐藤「ここで今から分担を議論すべきなのか」

更には市が用意した球場跡地の機能別分担表にも批判が相次ぎます。
cbb88eed.jpg


下村「昨日別分類表はもっと詳しく書けるはずだ。もっと整理しその上で機能を分けるべきではないか。ソフトも入れるべきだ。前から言っているがグループ会議には有識者を入れて欲しい。市はその人選はもう済ませているはずだ」(赤字の部分は下村氏と委員長、事務局との私的な会話とされたのか議事録に入っていません)

分担表にソフトを入れることを含めた再整理と専門家の人選を次回までに事務局がまとめることで決着します。

棚多「コンベンションがアミューズメントに入れられているのはおかしいのではないか」
岡野「(有識者を委員会に招くと議論が誘導されかねないので)事務局が意見を意見を求めるようにすべきではないか」
山本「市内外の人様々な専門家から意見を聞くべき」

山野井委員長「次回のグループ会議で実現すべき機能の抽出を行いたい。その結果を跡地委員会に報告し取りまとめを行いたい」

議題2制約条件について

事務局から跡地に課せられている制約についての説明があります。
e86ddacb.jpg


8d75ef62.jpg




ここで事務局から紙の財政状況についての説明があります。要は市に金はないという話です。

棚多「(財政が厳しいのは分かるが)球場跡地は優先課題。このような1等地を使えない都市に未来はない。(分担を持ち出すなら市外も考慮すべきではないか、その上で)他都市よりも多いものは後回しでいいのではないか」
岡野「アイデアを絞るのに市の財政状況資料は不要。出されても後ろ向きに安いものしかできなくなる。20年30年先を考えて意見を出したい」
佐藤「都市公園法、景観制限は厳しいが都市計画法は用途変更などを考慮すべきではないか。変更の可能性を比較の前提条件として配慮してほしい。」
岡野「(プロサッカーなどの)興行は国に利用料支払いが生じるが市が受け取る使用料との差で市が潤う可能性があることも触れてほしい」

ここでも市の姿勢に対して異論が相次ぎます。棚多委員の市外も考慮というのは例えばクラシック向けのホールなら廿日市や岩国にあるじゃないか、水族館なら宮島にあるじゃないかという話です。
また佐藤議員の制約についての話は事業主体の市自らが跡地に課している制約は変更できるのではないかということです。

山野井「他に必要なな資料があるか。費用対効果の資料は(次回までに事務局が)用意してほしい」
中村「他都市を参考にするなら国外も対象するべきだ」

議論3 その他
事務局が広島大学国際協力研究科張教授が他の研究発表会で使用した資料について説明をします。郊外型SCに行くのは子育て世代が多いとか市内を避けるのは駐車駐輪が不便だからという今ここで出されてもどうしようもない資料です。
ここで中村委員代理より学生が作ったアイデアの披露がありますが発表後に各委員から総スカン状態になります。要約すると「芸術で人は集まらない」

岡野「全国大手の設計事務所の専務と話す機会があった。彼が言うには広島は議論多いが実行は少ない、バス路線がわかりにくい、橋の効率的な配置を考えてほしいと言っていた」

ここでグループ会議は閉会になり希望者は跡地の現状を確認する為に工事フェンスの内側に入りました。

1a20aa03.jpg



5a24ab6a.jpg




5dbabc4e.jpg



be27a8ab.jpg



57aa4302.jpg



f49842c9.jpg



今回初めて跡地関連の会議を傍聴しましたが意外にもと言っては失礼ですが各委員がこの問題を真剣に前へ進めようとしていることに関心しました。跡地委員会の方が議事録見る限りではグダグダで3歩進んで2.8歩ぐらい下がるような有様でしたのでこちらもてっきりそうだと思っていました。しかし実際は各委員が跡地について議論しようとしているのを事務局が要らん話を持ち出して引っ掻き回す状況でした。

次回のグループ会議では今回よりも更に機能を整理し跡地員会に提出する取りまとめまでするとのことで目が離せません。今のところ次回は7月11日水曜日の予定だそうです。

少し前の話になりますが3月31日で旧市民球場前の喫茶店マリーナが店を閉めました。

fef05400.jpg



市民球場の前でカープ関係者、報道関係、そして球場を訪れるお客さんに愛されたお店でした。
閉店の理由は単に球場の移転だけでは無いと思います。テナントで入っているビルからごっそりオフィスが移転したこと、周辺の街がビジネス街から変貌していったことなど幾つもの要因があるでしょう。そしてそのような状況で昼営業メインの家族経営の喫茶店という業態が厳しくなったんだと思います。

8aeda69f.jpg



この店に通うようになったのは球場問題に関わりだしてからなので短い付き合いなのですがその間に本当にお世話になりました。マリーナといえば古葉監督のたまごカレーが有名ですが、栄養バランスのいい家庭的な料理を日替わりランチを出す店でもありました。このランチのファンは多く常連のほとんどはこのランチを頼んでいました。僕もお昼に行った際にはほとんどメニューも見ずに日替わりを頼んでいました。
また球場問題では僕自身が仕事や家族の関係で活動の前面には出られなかったのですがそんな中でマスターが教えてくださった地元の情報というのは大変参考になりました。

8e0240fb.jpg


3月になり閉店が新聞などに載るようになると全国からファンが駆けつけお昼時には行列ができるようになったそうです。皆が皆名物のたまごカレーばかり注文するので定食用の食材がはけず困り果てたとか。
DSC04840_679


最終日の31日は仕事が入っているので前日の朝、開店直後に訪れました。いつもなら朝はモーニングを頼むですが最後にということでたまごカレーをお願いしました。マスター曰く「こんなに早い時間にカレーを出したことはない」そうです(笑)
45afc2f5.jpg



86eaf866.jpg



閉店する少し前にある人と話​をしていて 何故か酒や食べ物の話しになったのですがそこでマ​リーナの話が出てきました。その人は以前土橋にあった店に勤めていたので何度かマリ​ーナを利用したことがあったそうです。人から名物だと聞いて卵カレ​ーも食べたとか。 「感じのいい店でしたね。悪く言う人はいませんでしたね」全日空​が隣にあった頃というから多分20年ぐらい​前の事なのでしょうけど、それでも自分が通っていた店をよく言われ​るのは嬉しかったです。そして「自分が知ってる店がなくなるのは寂しいですね」と言われました。全くその​通りなのです。この胸にぽっかり空いた穴を埋めるのには当分時間が​かかりそうです。そして例え埋まってもマリーナに代わるものはないんですね。
DSC04845_681

球場前のマリーナは無くなりましたがまたどこか違う形で復活することを期待しています。マスター夫妻もまだ引退するような歳でもないですし、何より無くなることを聞きつけて駆けつけるこれだけのファンがいるのです。だからさよならは言わず「ありがとうマリーナ」で締めときます。

↑このページのトップヘ