フガドコ

広島見るもの歩くとこ

建築散歩

1/2・3で開かれた修道学園の学祭に片隅にある土蔵を見てきました。

こちらは2.3年前に愛宕町にあったものがマンション建設に際し修道学園に移築されたものですが、その前には広島城内今の裁判所付近にあったものという伝承があります。

IMG_9419

広大の三浦先生などの調査により広島城内のものであるとほぼ間違いない事が判明した時点で所有者から広島市に引取の依頼がありましたが市側は確証がないとあっさりとに断り、見かねた修道学園が土地と費用を出し引き取りとなりました。

IMG_9414

何故修道学園かといえばこの蔵が建っていた場所は城内の学問所でありました。広島城内には多くの土蔵がありましたがそれらに比べ修道の土蔵はサイズが小さく、図面を調査したところそのサイズの土蔵は学問所にしかないという事になりました。そして修道学園の始まりは浅野藩の学問所、という事で修道学園のルーツに繋がる建物という事でした。


時間的な制約で解体前にはほとんど行えず解体後の材料や移築の際の調査となりました。その際に出入口が入側にあった出入口を愛宕町に移転の際に妻側に付け替えた事が判明しましたが千田町への移設に際してもは妻側に残したままなりました。またおそらくは基礎は2段の積み石になっていたであろうものを1段になり、また元々の礎石は使われていません。このように様々な制約で城内にあった姿とはいえませんが現代の耐震基準にも合致する建築となっています。


土蔵の中は資料館になっています。建物を傷つけないよう展示は内側に展示用の合板を設置してそこへ掲示するようになっています。

IMG_9413


広島市は平和公園内の公衆トイレの建て替えを進めています。

平和公園内には原爆ドーム横を含めて5箇所の公衆トイレがありますが建てられたのが1980~83年と建築から30年以上が経ち老朽化が目立つこと、個室のほとんどが和式であることなどから使いにくいとの声が市に寄せられていたため2013年度より事業着手しました。

1bdbb4a2.jpg
(Googleストリートビューより)

維持管理費節減のため現在の5箇所は4箇所になります。原爆ドーム横と資料館東館北側の2箇所は現在地で建て替え、平和の鐘近くの1箇所は約100m南の供養塔南側にレストハウス裏手の1箇所は園路から見やすい箇所に移設し、国際会議場裏手の1箇所は廃止となります。

広島市は新しい公衆トイレのデザインを平和祈念資料館や平和公園を手がけた丹下健三事務所に依頼しました。


20e9b706.jpg

供養塔南側

0f02e7d6.jpg

資料館東館北側

新しいトイレは杉板型枠木目の打ちっぱなしにガラス、等間隔の柱と平和資料館を連想させるデザインで外光を積極的に取り入れ個室はすべて洋室となりました。

建て替えは年に1箇所のペースで行われており2016年に最初の供養塔南側、翌2017年に資料館東館北側の建て替えが完了しました。

正月の3日は車を飛ばして呉は自衛艦見物。
お正月は自衛隊といえども何事かなければ休みなので港にはいつもより多くの艦船が停泊して居ますし正月飾りもあり華やかなのです。
アレイからすこじま上の無料駐車場へ車を放り込んでさあ、潜水艦眺めながら優雅にコーヒーでもと思ったらコーヒーショップが見事に休み。このロケーション、この観光客の数で休むかあ!って思ったけどまあ個人商店ですし仕方ないです。気を取り直して艦みて建物みて神社跡のトーチカみて帰りにチェーンのラーメン店寄って帰りましたさ。

3cfa5d91.jpg


254fc022.jpg


ab6f6a20.jpg


6a707931.jpg


ce4dd4f8.jpg


9764cfd4.jpg


f76dcbe7.jpg


833297a4.jpg

おりづるタワーでは12/7から2/5までの間、ウインターイルミネーションを行なっています。
1edd8ae9.jpg



期間中は19時から21時まで屋上の展望台とカフェのみの営業となりますが通常1700円の入場料が1000円でイルミネーションと夜景が楽しめるという企画です。
5aab4723.jpg


7b7b8027.jpg



冬の屋上は風が吹き抜け大変寒いのですがブランケットの貸し出しも行なってますのあるの大丈夫。カップルで寄り添ってれば全く問題ありません。そうでない人は着込んでくるか気合いでどうにかしてください。
ac42b101.jpg


おりづるタワーは原爆ドームの背景となる為に屋上の照明はドームに干渉しないように床から天井を照らすように設置されてます。橋の上や対岸からタワーを背景に浮かび上がる原爆ドームを眺めてみてはいかがでしょうか。

江田島海友舎が色とりどりな紙テープで埋め尽くされるカモ井加工さんのマスキングテープの展示即売会 「mt ex 江田島展」いよいよ本日からはじまります。

会場となる海友舎には駐車場はありませんので必ず公共交通機関をご利用ください。また海友舎前の道路は狭小で離合どころか通行も難儀ですので会場付近でのお車での送迎もご遠慮ください。

その代わりと言ってはアレですが最寄りの小用港をウエルカムゲートとしてマスキングテープでデコレーションしていますのでこちらもお楽しみください。海友舎は小用港からはバスで10分程度、術科学校前バス停で降りて徒歩5分です。バス代は大人150円となります。。

尚限定テープを求める方で初日と8・9・10の連休は混雑が予想されますのでゆっくりと楽しみたい方はそれを外す事をお勧めします。

0e259134.jpg



↑このページのトップヘ