フガドコ

広島見るもの歩くとこ

自転車

2月頭に自宅近くの庚午の宮島街道沿いに楽々園から自転車屋Grumpyが移転してきました。
1ae4710b.jpg


Grumpyが得意なのはファットバイクやシクロクロス、MTBなどで私が乗るのは主にロードバイクなのでこの店とは志向が違いメインにはなりませんがグッズやウェアを扱う店が近所に出来るのはありがたいことです。パーツやアクセサリーなどは取り寄せもできるそうなので機会があれば頼んでみようと思います。
d10f63c9.jpg

8fd8a49a.jpg

e4dd1eb5.jpg


この店の面白いのは店内にはカフェ「Dopey’s Cafe」を併設していてコーヒー、ビールや軽食が楽しめます。ビールに力を入れていてハートランドがメインで他にその時々のクラフトビールが飲めるという大変嬉しい店です。
52ba4f27.jpg

Grumpy1

店舗設計は 石川誠氏 看板や什器は十日市のAir pocket 大畠 祐介氏と広島の若手のコラボ作品です。店内は元々レンタルビデオ店だった場所なので非常に広くイベントスペースとしても使える設計になっていて3月下旬には早速長野の詩人ウチダゴウ氏の個展を開催していました。
9d24e62f.jpg


5f19493f.jpg





住所   広島市西区庚午中1丁目18-32ドルミ庚午101
TEL    082-208-2535
定休日  木曜日 
営業時間 11:00~20:00(平日)
     12:00~19:00(日曜・祝日)

先日ロードバイクにベルを付けました。ベルはライトなどと共に自転車で公道を走る際には装着が義務付けられているものです。ロードバイクには週末しか乗らないのでこれまではクロスバイクと兼用していたのですが流石に乗る度の付け外しは面倒になりましたしネジがバカになっても困るのでロード用にコンパクトなベルを店頭で探してみました。

今回購入したのはCATEYEのOH-2400です。このベルの最大の売りは同社のライトやサイクルコンピュータを使っていればその取付バンドに共締め出来ることです。購入価格は広島の東急ハンズで税込735円でした。 62f7b611.jpg


早速つけてみたのですがライトの取付バンドをギリギリでカットしていると少し付けにくいのと締め付けが不安です。私は幸い2~3㎜残してカットしていたので問題なかったです。

共締めできない場合でも標準の取付バンドの長さが充分にあるのでコラム部分に横付で装着出来ます。4328c6a1.jpg


音はそう大きくないのですが充分じゃないでしょうか。

日曜は前日が1日立ち仕事でかなりへろへろな状態でしたが
それでも蒲刈まで往復130km走れました。
2ヶ月くらい前までは100kmを走れなかったことを思えば大きな進歩です。

前の晩0時に寝て、6時半起床。
のんびりコーヒーを飲んだりラジオを聞いたりして8時に出発します。
平和大通りを東へ進み段原から大州通りに入ります。
坂町のなか卯で朝食をとり10時に呉着。そこから休山トンネル経由で仁方に着いたのが11時。休憩しながらちょうど3時間です。
この日は前日の疲れから足が回らず平地でも平均は18km/hしか出ませんでした。

安芸灘大橋を通りとびしま街道へ。
蒲刈大橋へは以前通ったショートカットではなく長い坂のある広域農道を進みます。確かにきつい坂ですがまあ、なんとかクリア。

今日もお昼は蒲刈の峠のうどん屋さん。9e81b8d1.jpg

流石に冷は無くなってました。うどんのだしとお茶で水分補給完了したら県民の浜へ向かいます。

県民の浜でしばし休憩。
81f9321a.jpg

結構な数の自転車がいます。

相変わらず足が回りませんが前回四苦八苦した豊島大橋も割と楽にクリア。
e73e2d33.jpg

今日はこの橋を渡って降りたところで折り返すことにします。


とびしまええわあ、心が落ち着く。
f03a7af7.jpg

なにより上司がいない(笑)
さて、問題はあの橋まで上がらないと帰れないことだな。

この坂も前回は途中で足をつるくらい苦労したのですが
なんとなくクリア。

本土に戻ると家路を急ぎます。
ちょいと長居し過ぎで日没時間との勝負になってしまいました。

そんなこんなで家に着いたのは17時半。
真っ暗になる直前でぎりぎりセーフでした。

帰宅後ふと気になりクロスバイクの重量を計ったら12kgありました。フレーム云々よりもクロモリフォークが重いのね。ということはロードは何買っても大幅な軽量化ですな。春が来る前には買いたいけどどうなるやらです。

とびしま街道はオレンジライド本番前にもう一度くらい走りたいですがもう今週末しかないですね。しかしそこには予定が…
ぶっつけ本番かなあ。

走行距離129.94km 

昨日は芸北の知り合いの山荘でペンキ塗りです。
ここで週末のみ開店の喫茶店をしています。
そこの敷地内にある倉庫代わりのコンテナを一人でせっせっとペンキ塗り。
屋根や壁をひたすらローラーで塗っていきます。。
ここは桜の季節に撮影拠点にさせてもらっているんで断れないんですねー。

お昼は近くの「アンデルセン100年農場」の感謝祭で
デンマークビールにワイン飲んで
キャビアペースやブルーチーズでパンを堪能して
最後はクリスマスケーキの試食会。

むむっこれは「春のヤマザキパン祭り」に対抗しての「秋のアンデルセン祭り(ただし地域限定)」ではないか(笑)

はいご馳走様でした。

んで今日は芸北町八幡から広島市内へ帰宅の途です。
朝の10時半に八幡を出ました。

最初の難関は八幡隧道ですが既にここで脚が売り切れました。
あとはひたすら下るだけだからまあいっかと思っていたらスキー場のとこととかダムのとことか結構登りがあるんですね。品切れの脚なんでだらだらとそれこそ10km/hで登ります。この季節でよかったです。真夏なら死体になっていましたよ(笑)

ひーこらひーこらいいながらなんとか下りへ。

温井ダムを下りきり加計のよしおでたい焼き購入。
4dd61abd.jpg


3つ買ってすぐには食べず補給食としてカバンに入れます。だってもう昼だもん。

昼は津浪の食堂でうどん定食mgmg。
1f6d7139.jpg


握ったばかりの温かいおにぎりはうめーえ。

安野でヌコウォッチング。
209ceb11.jpg


たい焼きで「おやーつ」といこうとしましたが川の向かい側の幻○ファームから非常に香ばしい匂いがしてくるので あきらめて川下へ移動。

この辺りまでは太田川の右岸を走っていましたが安野を過ぎて左岸へ移動。
あとはひたすら川沿いを下ります。左岸は車は少ないのですが道も荒れているので程々の速度で巡航。

実は今回不手際でインナーもパッド入りニッカも持ってきていないので作業ズボンでサイクリングなのですが60kmぐらいでケツがつらくなりしょっちゅう座り変えたり無意味なダンシングしたりと多分傍から観ているとすごく変だったんではないかと。

そんなこんなで夕方前に帰宅。

本日の走行距離93.68kmでした。

この日曜日に自転車SNS「LEGON」のコミニュテイ「呉ポタリング倶楽部」主催のミニベロミーティングに参加してきました。

私は今回BBQ準備係でコンロを組んだり野菜を切ったりしましたが帰っってきた健脚班の「先導なのに40km/hで巡航して後ろをぶっち切った」とか「ミニベロで常時ロードを引いた」などとポタリングとは縁遠い話を聞くとつくづく準備係で良かったと(笑)

準備が出来てあとは開始を待つばかり。
f07d55f2.jpg



いざ始まると肉はあっという間に無くなり、ハスキーさんが配るキャベツを生でかじったりはしを持って地べたに座り込んで酒盛り(?)状態の集団お邪魔したり。この集団みーんな地面に直に座っているのに一人いけぴーさんだけビニール袋を敷いて座っていたのが印象的。どんな時もまめなのね。

いよいよ試乗会。
ダホンに
07d84c0f.jpg


KHSに
2b1f9d36.jpg


bd-1
c62f1b4b.jpg



年式や手の加え方が少しづつ違う自転車が並ぶと見ていても面白いです。

そして朝のりさんの「魔改造」IDIOM
67ac9426.jpg


この自転車サドルがケツに刺さるんですが(笑)それとなんでステムが2段重ねなんですか(笑)

個人的にはこれが本日のメインイベントだった。
3dd2962f.jpg


ペダルがハンドルと同じ軸上にあるので曲がれねー 。

今回のイベントで初めてミニベロに乗ったのですかいまクロスバイクで近いうちにロード・・・をと考えていた僕もミニベロもいいかなと思いました。取り回しと速度の両立は実に魅力的です。
それと個人的に一番有難かったのがサドル試乗。どうもタイロンさんが使っているような後ろがせり上がるタイプの方が相性がいいみたいと分かったのは大きな収穫。

↑このページのトップヘ